News

浅草寺伝法院庭園特別公開2016年春

浅草寺の伝法院庭園(通常非公開)が今年の春も特別公開されています。

   金龍山浅草寺 「伝法院庭園特別拝観と大絵馬寺宝展」

 期間  平成28年3月18日(金)~5月9日(月)

 時間  10:00~16:30(入場16:00まで)

 拝観料 一般300円
 (収益金は東日本大震災復興支援に寄付されます)

 小堀遠州作の美しい庭園や浅草寺の貴重な寺宝を拝観できる貴重なチャンスです。ぜひ出かけてみてください。

020
(写真は2015年春の公開時)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草寺伝法院庭園特別公開2014年春

浅草寺の伝法院庭園(通常非公開)が今年の春も特別公開されています。

 金龍山浅草寺 「大絵馬寺宝展と庭園拝観」

 期間  平成26年3月14日(金)~5月7日(水)

 時間  10:00~16:30(入場16:00まで)

 拝観料 一般300円
 (収益金は東日本大震災復興支援に寄付されます)

 小堀遠州作の美しい庭園や浅草寺の貴重な寺宝を拝観できる貴重なチャンスです。ぜひ出かけてみてください。

028
(2013年春の公開時)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草寺・伝法院庭園特別公開・2013年春

 

046


 浅草寺の伝法院庭園(通常非公開)が今年の春も特別公開されます。

 

 金龍山浅草寺 「大絵馬寺宝展と庭園拝観」
 期間  平成25年3月21日(木)~5月7日(火)
 時間  10:00~16:30(入場16:00まで)
 拝観料 一般300円
    (収益金は東日本大震災復興支援に寄付されます)

 小堀遠州作の美しい庭園や浅草寺の貴重な寺宝を拝観できる貴重なチャンスです。ぜひ出かけてみてください。

044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草寺伝法院の庭園が特別公開中(終了しました)

046

 2011年の春と秋に特別公開された浅草寺伝法院の庭園が今年もまた公開されています(終了しました)

 小堀遠州作という名園で、賑やかな仲見世通りのすぐそばにあるとは信じられないような雰囲気を味わうことができます。すでに桜の花は散ってしまったと思いますが、一度は訪れる価値のある庭園です。

 特別公開「浅草寺大絵馬・寺宝展と伝法院庭園拝観」

 2012年3月22日(木)~5月7日(月)

 10時~16時

 入場料 300円

 写真はいずれも2011年春の公開時のものです。

055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草寺伝法院庭園が特別公開(終了しました)

058

 今年9月に国の名勝に指定された浅草寺伝法院の庭園(通常非公開)が今春に続いて、秋にも公開されています(終了しました)。

 金龍山浅草寺 東日本大震災復興支援

「大絵馬寺宝展と庭園拝観」

 2011年11月1日(火)~12月5日(月)

  10時~16時(16時半閉館)

  入場料 一般300円

 今回の収益は東日本大震災の復興支援にあてられるそうです。

 賑やかな仲見世のすぐ隣にあるとは思えない、素晴らしい庭園です。貴重なチャンスですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

072

051 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池上本門寺・松濤園の一般公開2011(終了しました)

008

 毎年9月初旬に1週間だけ一般公開される池上本門寺の名園・松濤園。今年も以下の日程で公開されます。

 2011年9月5日(月)~9月11日(日)

  10:00~16:00 入園無料

 江戸初期の茶人・作庭家として名高い小堀遠州によって作られた、大きな池を中心とする回遊式池泉庭園を散策できる貴重なチャンスです。

019

021 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草寺伝法院庭園の特別公開(終了しました)

046

 浅草寺の本坊・伝法院にある小堀遠州作の回遊式庭園は通常非公開ですが、浅草寺本堂(観音堂)の平成大営繕記念で特別に公開されています。桜の季節でもあり、大変見事な庭園美を楽しむことができます。また、浅草寺に奉納された大絵馬や寺宝も特別公開されています。(終了しました)

 金龍山 浅草寺 平成本堂大営繕記念

 「大絵馬寺宝展と庭園拝観」

 2011年3月25日(金)~4月28日(木)

  10:00~16:30(入場は16:00まで)

  入場料:一般300円(中学生以下の同伴者は2名まで無料)

044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷区特別保護区一般開放中止

 震災の影響で、3月26・27日、4月2・3日に予定されていた深沢八丁目無原罪特別保護区および経堂五丁目特別保護区の一般開放は中止となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災と水門

 2011年3月11日14時46分に東北地方の太平洋沖でマグニチュード9.0という巨大な地震が発生し、強い揺れと東日本一帯を襲った大津波によって東北地方~関東地方を中心に甚大な被害が出ました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます。

 当ブログでは東京の池と水門を探訪し、紹介しているわけですが、東京湾でも地震直後から津波警報が発令され、すべての防潮水門が閉鎖され、津波の襲来に備えました。実際、晴海で1.3メートルの津波が観測されたそうです。

 東京湾沿いに数多く設置された水門はこのような津波や高潮の被害から街を守るのが役割であるわけで、今回も立派にその役目を果たしたのだろうと思います。

 しかしながら、想定をはるかに上回る巨大津波に襲われ、多くの街が壊滅するほどの被害が出た三陸地方の映像を見ると、閉鎖された防潮水門の遥か上を越えて波が押し寄せた様子がわかりましたし、なかには津波の威力で破壊された水門もあったようです。過去にもたびたび津波に襲われた三陸地方では世界でもトップレベルの津波対策がとられていたはずですが、それが全く役に立たなかったというのは衝撃的です。昔、旅で岩手県宮古市の田老地区を訪ねた時、漁村なのに集落から海が全く見えないほどの巨大な防潮堤がそそり立って海と集落を完全に遮断しているのを見て、これだけの堤防があれば、どんな津波が来ても大丈夫だろう、と思ったものですが、今回の津波はその堤防を乗り越え、一部を破壊してしまったと伝えられています。

 ふだん、水門の姿に頼もしさを感じていますが、今回ばかりは自然の恐ろしさをまざまざと見せつけられた思いです。

 ついでに、今回も津波警報の発令で東京でも「19の水門が閉鎖」というニュースがありましたが、これは正確な情報ではありません。この19という数字は東京都港湾局の管理する水門の数ですが、東京湾周辺にはそれ以外に東京都建設局の江東治水事務所や国土交通省関東地方整備局が管理する水門があり、また千葉県の湾岸地帯にも多数の水門が存在します。当然ながらこれらも閉鎖されました。

 ちなみに港湾局の19水門とは以下の水門です。

 新砂水門、あけぼの水門、辰巳水門、東雲水門、豊洲水門、佃水門、朝潮水門、浜前水門、築地川水門、汐留川水門、古川水門、日の出水門、高浜水門、天王洲水門、目黒川水門、貴船水門、呑川水門、北前堀水門、南前堀水門

| | コメント (0) | トラックバック (0)