水門めぐり

新川東水門

Mj040


所在地:江戸川区東葛西1丁目

Mj057
(旧江戸川に浮かぶ妙見島から見た新川東水門)

 新川東水門は旧江戸川と新川の接続点に昭和40(1965)年に設置された径間11メートル×2連のローラーゲート式水門です。旧江戸川の水位が大潮の満潮位であるA.P.+2.1メートルを超えるA.P.+2.15メートルに達し、さらに上昇する恐れのある場合に閉鎖されます。津波の警報や注意報が発令されれば、水位に関係なく閉鎖されるのは言うまでもありません。
 新川は徳川家康が江戸に入府後、行徳の塩を江戸に運ぶための輸送路として開削された運河で、江戸川と中川を結んでいました。中川と隅田川をつなぐ小名木川とともに重要な水路として、行徳の塩だけでなく、江戸川~利根川経由で北関東、東北方面との水上輸送の幹線として長く利用されましたが、陸上交通の発達による水運の衰退とともに役目を終え、現在はいずれも感潮河川である旧江戸川とも中川とも分断された親水水路となっています。
 従って、新川東水門内も船溜まりになっていて、わずか数十メートルで水路は行き止まりです。その奥には新川東樋門が設けられ、旧江戸川から取水して親水水路となった新川に流しているのです。外部河川と遮断された新川は潮の干満の影響を受けず、基本的に水位は一定です。

015
(水門内は船溜まりになっている)

016_2
(船溜まりの奥には新川東樋門がある)

017_2
(新川東樋門で取水した水を新川に放流)

026
(放流口)

 新川の水位の調整は西端部の中川との接続点に設けられた新川排水機場によって行われています。平常時においてはA.P.+0.5メートルに保たれ、非常時でもA.P.+1メートルを超えないようになっています(A.P.0メートルが東京湾の干潮時の最低水位)。また、中川との接続点にあった新川西水門は廃止され、現在はわずかに遺構が残るのみです。

005_3
(新川西端部に残る西水門の遺構と復元された火の見やぐら)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河原水門

022_2

(旧江戸川右岸から見た河原水門。右は河原排水機場の排水ゲート)

所在地:(江戸川区・市川市境界未確定地域)河原番外地

 江戸川水閘門、行徳可動堰を紹介したついでに取り上げるのが河原水門です。江戸川水門の下流400メートルほどの旧江戸川左岸にある水門で、水門内は船溜まりになっています。

023

 水門そのものはどこにでもあるようなローラーゲートですが、興味深いのはその所在地です。旧江戸川の左岸側なので千葉県市川市かと思いきや、ここは東京都と千葉県の間で境界が未確定の場所なのです。なぜこんなことになったのか。そのヒントはこの船溜まりにありそうです。

016

(船溜まり側から見た河原水門)

 1919年に江戸川放水路(現・江戸川)が開削された時、もともと東京と千葉の境界だった旧江戸川の流路が変更になり、旧流路のうち埋め残された水面が現在、船溜まりとして利用されているようなのです。従って、この船溜まりから旧流路を推定して、その流路の半分と右岸側は東京都の領域であると都側が主張しているのでしょう。そのため江戸川と旧江戸川にはさまれた三角地帯は河原番外地などと呼ばれ、一般の住宅はなく、緑地やグラウンドとなり、わずかに国土交通省の施設があるだけのようです。

Ckt843_c10_48_4

(1:江戸川閘門 2:江戸川水門 3:河原水門  4:行徳可動堰)

 上の写真で 新旧江戸川に挟まれた地域のうち、行徳可動堰と河原水門より上流側の区域が境界未確定地域のようです。

017

(河原番外地。右が江戸川、左が旧江戸川。向こうは京葉道路江戸川大橋)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行徳可動堰

018

所在地:千葉県市川市行徳地先

 前記事で江戸川水閘門を取り上げたので、すぐそばにある行徳可動堰もあわせて紹介します。

 江戸川の水害対策として江戸川の水を千葉県市川市から東京湾までまっすぐに流す放水路が開削されたのは大正8(1919)年のことですが、この江戸川放水路(その後、こちらが江戸川本流となる)に設置されたのが行徳堰でした。当初は固定堰でしたが、洪水時の放水量を増やすため、昭和25(1950)年に着工、昭和32(1957)年に完成したのが行徳可動堰です。その後、この一帯の地盤沈下が進んだことから、昭和50(1975)年から52(1977)年にかけてゲートを50センチかさ上げしています。

 河口から3.2キロの地点に位置し、純径間30メートル、扉高4.5メートル(ドラム径3.5メートル)の鋼製ローリングゲートを3門備えています。ローリングゲートとは円筒状のゲートを回転させながら上下させる形式の水門で、僕はここで初めて見ました。

028

033

 通常は閉鎖されており、旧江戸川の江戸川水閘門と連携して海水の遡上を防止するほか、洪水時には上流の水位が一定以上になった場合にゲートを開放し、洪水を安全に流下させます。ゲート閉鎖時でも上流側が増水すれば堰を越えて水が流れるようになっています。また、平常時には通水扉を通じて堰下流の必要な用水を確保しているということです。

022

 行徳可動堰は通常は閉鎖され、江戸川の水をせき止めているため、堰の上流側は淡水域、下流側は海水の混じった汽水域となっていて、堰周辺のヨシ原は稀少なヒヌマイトトンボの生息地だったり、堰のすぐ下手に見られる干潟はトビハゼが生息する北限とも言われているそうです。こうした生態系が形成されているわけですが、洪水時にゲートを開放し、一気に大量の淡水を放流することで、下流の汽水域の自然環境に大きな影響を及ぼしてしまうという問題もあるようです。また、可動堰も海水による腐食などで老朽化が進んだため、新たな堰を建設するという計画もあるそうです。

021

(堰下流側の干潟。上が満潮時、下が干潮時)

012

  なお、行徳可動堰は船の通航はできません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

江戸川水閘門

002

(江戸川水閘門とポニーランド)

所在地:江戸川区東篠崎町地先

 東京都と千葉県の境を流れる江戸川は水害対策として大正8(1919)年に千葉県市川市で東京湾に注ぐ放水路(約3.5キロ)が開削され、その後、こちらが江戸川本流となり、かつての本流の下流部分(約9.5キロ)は旧江戸川と呼ばれるようになりました。その分流点の少し下流の旧江戸川(河口から約9.3キロ地点)に設置されたのが江戸川水閘門です。水門と閘門を併設した施設で、昭和11(1936)年から建設が始まり、戦時中の昭和18(1943)年3月に完成したので、都内でも古い水門と言えるでしょう。

002_2

(江戸川と旧江戸川の分流点。手前が旧江戸川)

 この水閘門の当初の役割としては①洪水時に毎秒1000立方メートルを旧江戸川に分派させること、②異常渇水時に塩分遡上を防止すること、③堰上流の水位を確保して都市用水を安定供給すること、④平常時における下流の流量を確保すること、⑤舟運を確保すること、が想定されましたが、このうち①については現在、洪水時でも旧江戸川への分派は基本的に行っていないようです。大雑把に言えば、水門の開閉を通じて、上流側、下流側双方の流量や水位をその時々の状況に応じて調節することと、上流で農工業用水・水道用水を取水していることから海水の遡上を阻止することが役目ということでしょう。

 さて、まずは江戸川水門ですが、これは純径間10メートル、高さ5メートルのローラーゲートが5門あります。このうち3門は1枚扉で、開放時にはゲートを上昇させることでゲートの下をくぐって水が流れる通常の方式ですが、残り2門は2枚扉になっていて、越流放流もできるようになっています。

006

014

012

013

 この水門の閉鎖時にも船が通航できるようにと、併せて設置されたのが江戸川閘門です。これまでに紹介した扇橋閘門や荒川ロックゲートと同様の設備で、長さ100メートル、幅16メートルの閘室の前後に幅13.4メートル(純径間11メートル)、高さ6.5メートルのゲートが設置され、水位の異なる区間を船が往来できるようになっています。

010

(江戸川閘門上流側ゲート)

024

(下流側ゲートが開いて、船が進入してきた)

025

(ゲートが閉じて水位調節が始まる)

026

(水位の高い上流側から注水。閘室内の水位上昇)

028

(閘室内と上流側の水位が一致したら上流側ゲートが開く)

030

(船が出てきた)

 なお、水門開放時でも江戸川水門は船が通ることはできません。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪方排水樋管

036

032

030

所在地:狛江市駒井町3丁目地先

 前記事で取り上げた宇奈根排水樋管の少し上流にあるのが、狛江市の猪方排水樋管です。やはり下水道の雨水幹線の多摩川への放流口に設置されていて、堤防の内側と外側にそれぞれゲートがあります。純径間は2.9メートルで、流入口の高さも2.9メートルとのこと。ゲートはローラーゲートで、巻上装置は「手動巻上急降下閉鎖式(自重降下)」で、操作速度は1分間にハンドルを40回まわすとゲートが0.14メートル上がるそうです。

010

(コンクリートの構造物に覆われた堤内ゲート)

012

(堤外ゲート。堤防の外というのは川の流れている側を言います)

021

018

 この樋門周辺では多摩川の伏流水を含む地下水の湧出が多くみられ、上流側河川敷には「狛江水辺の楽校」があり、子どもたちが水辺の生き物を観察できる場になっています。

033

026

031

(湧水)

029 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇奈根排水樋管

029

031

所在地:世田谷区宇奈根2丁目

 こんな小さな水門(樋管)まで取り上げていると、キリがないのですが、たまたま通りかかって写真を撮ってしまったので紹介します。

 世田谷区宇奈根の多摩川左岸にある樋管が宇奈根排水樋管です。東京都の下水道局が管理していて、下水の多摩川への排水路に設置されています。といっても、世田谷区の場合、下水道は北東部が汚水と雨水を一緒に流す合流式なのに対して、南西部(野川・仙川・谷戸川・谷沢川流域)は汚水と雨水を別々に流す分流式であり、ここで多摩川に放流されるのは基本的に雨水および地下水のみです(ただし、道路の側溝はすべて雨水幹線に通じているので、路上で洗車などすると、その汚水はすべて未処理のまま河川に流入することになります)。

 とにかく、ここは下水道の「宇奈根雨水幹線」の排水路になっていますが、この下水道は昔の宇奈根川(町田川)の跡を利用していて、現在は緑道化されています。この川は江戸初期に六郷用水が開削されるまでの野川の下流部にあたり、野川の水が六郷用水に取り込まれて分断されてからは、狛江の泉龍寺の弁天池(小田急線狛江駅北口に現存)などからの水を集めて流れていました。昔の野川はおそらくこのあたり(世田谷区宇奈根付近)で多摩川に合流していたのでしょう。

025

(旧宇奈根川跡の緑道)

026

(同じ地点から多摩川堤防を見る。堤内ゲートがある)

 ゲートは多摩川堤防の内側(町側)と外側(川側)にそれぞれ設置されています。多摩川の増水時などに閉鎖されて逆流を阻止するのが役割だと思われます。

027

045

 ちなみにゲートの水位表示はA.P表示です。「A.P.」はArakawa Peilの略で、明治6年から12年にかけて、隅田川(当時の荒川)河口、霊岸島で観測した東京湾の干潮時の最低水位をゼロとする水位の基準です。この樋門の下部に黄色いラインが引かれ、「AP15.13(メートル)」と記され(下写真)、反対側に「TP14.00」と併記されています。T.P.はTokyo Peilの略で、東京湾の平均潮位をゼロとする高さの基準で、いわゆる海抜高度(標高)のことです。A.P.0メートル=T.P.-1.13メートル(正確には-1.1344m)なので、このような関係になるわけです。

032

040

 ついでに紹介しておきますが、この樋管のすぐ下流に土台がレンガ造りの珍しい送電線鉄塔があり、そちら方面の愛好家の間ではかなり有名みたいです。実は僕もけっこう好きだったりしますが…。

050

049 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀切菖蒲水門

026

所在地:葛飾区堀切2丁目

 有名な堀切菖蒲園のすぐそばにあることから命名された堀切菖蒲水門は東京の水門としては多摩川の六郷水門と双璧といえるユニークな形状の水門です。ただし、六郷は昭和6年完成と古いのに対して、こちらは平成9年完成と、かなり新しい水門です。

030

031

 これは「二段式ローラーゲート(シェルタイプ)」というそうで、ゲートは一見すると円筒状のようですが、じつはカマボコ形のゲートが2枚合わさった形で、水門閉鎖時には2枚のゲートがそれぞれ別々に下降して2段(つまり円筒の倍の高さ)のゲートで水路をふさぐ形式なのです(門扉の高さは9.5メートル)。なぜこのような形式を採用したかというと、綾瀬川のすぐ上を首都高速道路が通っているため、通常の1枚のローラーゲートではゲート開放時に高さ制限にひっかかるためだそうです。

 そもそもこの水門設置のきっかけは平成3(1991)年9月の台風18号による綾瀬川の氾濫です。流域で降った大量の雨により綾瀬川が増水する一方で、この川は合流する中川を通じて東京湾の潮の干満の影響を受ける感潮河川でもあり、満潮時には水が海や中川から逆流してくるため、効率的な排水ができずに被害が大きくなりました。そこで綾瀬川増水時に中川からの逆流を阻止する堀切菖蒲水門を設置すると同時に水門の上流にある綾瀬排水機場の排水能力を毎秒50立方メートルから100立方メートルに増強し、綾瀬川の水を速やかに並行する荒川に放流し、氾濫を防ぐことにしたわけです。

 ゲートの形状も個性的ですが、操作室もユニークで、暮らしてみたくなるような、なかなか魅力的な物件です。

 綾瀬排水機場とともに国土交通省の荒川下流河川事務所が管理しています。

032

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福川水門

111

所在地:埼玉県行田市北河原

 前記事の矢場川水門と同じツーリング(2010年5月)で出合った水門です。茨城県の古河駅を起点に渡良瀬遊水地、足利を回り、南へ下って利根川を赤岩渡船で越えると見えてきたのが、福川水門。大河・利根川の右岸に合流する福川に設置された径間20メートル×3連の大型水門で、完成は1979年3月とのこと。利根川河口から157.2キロ地点にあります。広々とした田園風景の中で圧倒的な存在感があり、都会の水門とは違った味わいを感じます。

1055054

(群馬県千代田町赤岩と埼玉県熊谷市葛和田を結ぶ赤岩渡船)

1055055 

(利根川の船上から見た福川水門)

 福川は埼玉県の岡部町に源流をもつ川で、福川水門の数百メートル下流で利根川に合流しています。ただし、昔は水門より上流側に合流点があったそうです。ちなみに水門の右岸側は行田市ですが、左岸側は熊谷市(旧妻沼町)です。

1055059

(福川では伝統的な四つ手網漁が行われている)

118

(水門と並行して橋が架かっている)

1055060

1055061

119

(福川と利根川の合流点)    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢場川水門

1055099

所在地:栃木県足利市野田町

 今回は東京を離れて栃木県の水門です。2010年5月に茨城県の古河市から渡良瀬遊水地、足利市などを回る自転車ツーリングに出かけた時に見つけた足利市の矢場川水門。

 矢場川は渡良瀬川の支流で、群馬県太田市に源を発し、栃木県足利市を経て、栃木・群馬県境を流れて、最後は群馬県館林市で渡良瀬川に合流する21キロほどの1級河川です。水門は合流点より少しさかのぼった地点に設置されていますが、ここから下流は渡良瀬川と並行して流れています。

 1989年7月完成のローラーゲート式水門で、幅22メートル、高さ11.38メートル。渡良瀬川の増水時に水が矢場川に逆流するのを防ぐのが役目で、国土交通省の関東地方建設局が管理しています。なお、水門名を記した銘板の文字は地元・足利市の小学6年生の女の子によるものです。

059

 この時のツーリング記録はこちら。渡良瀬遊水地のほか、足利氏ゆかりの寺や森高千里の「渡良瀬橋」の歌に出てくる場所などを探訪しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地川水門

056

所在地:中央区浜離宮庭園先

 築地川は江戸時代の埋め立てにより築地が成立した時、埋め残された運河ですが、すでにほとんどが埋め立てられ、高速道路や公園、駐車場などになっています。現在も水面が残るのは浜離宮庭園と築地中央卸売市場の間の水路のみで、船溜まりとして利用されています。

021

(浜離宮庭園に通じる大手門橋。下は築地川)

020 

(大手門橋からみた築地川。右が浜離宮庭園、左が築地市場)

 浜離宮は前記事で紹介した汐留川に西側と南側を囲まれ、北側は築地川に縁取られ、東側は隅田川(東京湾)に面していて、隅田川との間には防潮堤が築かれています。この防潮堤は2か所で途切れていて、汐留川と接続する南側の開口部には汐留川水門が設置され、築地川と接続する北側の開口部には築地川水門が設けられています。どちらも同じ昭和44年に完成し、径間も14メートルと共通ですが、姿は大きく異なります。汐留川水門がローラーゲートなのに対して、築地川水門はゲートが回転軸を中心に90度回転することで開閉するスイングゲートなのです。東京都港湾局が管理する水門としては、この形式は築地川水門と朝潮水門だけです。

055

 浜離宮庭園にはこの築地川に面して水上バスの乗船場があり、ここに発着する船はすべて築地川水門を通過します。僕も乗ったことがあり、今のところ、僕が船で通ったことのある唯一の水門が築地川水門です。

057

058 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧