港区の池

八芳園の池

069

062

048 

所在地:港区白金台1-1-1

 “セレブの街”としておなじみの港区白金(台)一帯は地形の起伏が大変激しく、その方面からも興味深い土地です。その白金台の一角にある結婚式場・料亭・レストラン「八芳園」には自然の地形を生かした1万2千坪の庭園があり、その谷底に水を湛えた池があります。池のほとりに立つ説明板によれば、「その昔、この付近の丘陵地帯に沼があり、そこから流れていた川の跡を池にしたものです。昔は、農業用水として使われており、池の上方には水車小屋があったとも言われています」ということです。この「沼」とは旧・今里村(白金台1丁目付近)にあった玉縄池(玉名池)という湧水池(現存せず)で、古くは玉川上水の分水である三田用水の水も通じていたそうですが、とにかく、その池から流れ出た玉名川の水をせき止めて池としたようです。ちなみに玉名川は古川(渋谷川)の支流で、新古川橋付近で古川に合流していました。もちろん、現在は暗渠化されています。

 そもそも、この土地は江戸初期に徳川家康はじめ3代の将軍に仕え、「天下の御意見番」と呼ばれた大久保彦左衛門の屋敷があった場所と伝えられ、その後の変転は不明ですが、幕末期には絵図によって薩摩藩島津家、松平薩摩守の屋敷だったことが確認できます。明治時代には渋沢栄一のいとこで実業家の渋沢喜作の所有となり、大正4年以降、新興財閥の久原房之助(日立製作所の創業者)の手に渡り、庭園はこの時代に整備されました。久原は自然との調和を最も重視したということです。

 戦後になって、邸宅と庭園の一部を利用した料亭の共同経営の話が割烹旅館などを営んでいた長谷敏司から持ち込まれ、久原が同意したことから昭和25年に「八芳園」が誕生しました。この名称は「四方八方どちらを眺めても景色が良い」という意味を込めて久原自身が命名したということです。

 池の現在の水源は地下水の汲み上げということですが、滝があり、美しい池の周辺には石灯籠や水亭が配され、起伏に富んだ散策路が整備されています。

050

(この滝~渓流が玉名川の旧流路?)

056

044

(池畔にたつ水亭の円窓)

058

 池の水は庭園の東端部から流出し、そのまま地下に消えていきます。これが玉名川の暗渠に通じているのでしょう。

040

(池の水の流出口)      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻布山善福寺・柳の井戸

043

所在地:港区元麻布1-6-21

 麻布山善福寺は天長元(824)年、弘法大師空海が開いたと伝えられる、東京23区内では浅草寺に次いで古い寺院です。その後、鎌倉時代に親鸞が訪れたことで真言宗から浄土真宗に改宗し、現在に至っています。母方の祖父母の墓があるので、たびたび参拝していますが、参道沿いの柳の木の下に有名な「柳の井戸」があります。弘法大師が錫杖で地面を突いたら水が湧き出した、というどこかで聞いたような、というか、あちこちに存在する伝説がここにも残っていますが、とにかく都会の真ん中で、今も水が自然に湧き出る井戸というのは貴重でしょう。関東大震災や戦時下の空襲の際にもこの水が多くの人々を救ったということで、「東京の名湧水57選」にも選定されています。これは池とは言えませんが、紹介しておきます。

044

(湧出口)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

芝公園の「もみじ谷」と「もみじの滝」

028

056

所在地:港区芝公園4丁目

 芝公園は増上寺を囲むように配置されたいくつもの園地から成っていますが、その中で東京タワーの真下といえる地区にあるのが人工の渓谷である「もみじ谷」です。名前の通り、モミジが多く植えられ、東京のど真ん中にいることを忘れてしまいそうな雰囲気があります。

048

050

 東京タワーのそびえる台地の斜面下に人工の水源から流れ出る水が渓谷をなし、また崖上の水源からは「もみじの滝」という滝が落ちていて、渓流に合流しています。この滝は昭和60年に復元されたと案内板に書かれているので、昔は自然の滝が存在したのでしょうか。滝の周辺では数か所から水が湧き出ているのを見ることができます。

053

(もみじの滝)

051

(もみじ谷から見上げる東京タワー)

 渓谷を見下ろす崖上には小さなお堂があり、如意輪観音が安置されています。

057 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋是清記念公園の池

041

043 

所在地:港区赤坂7-3

 高橋是清(1854‐1936)は大正から昭和初期にかけて日銀総裁、蔵相、首相などを歴任し、岡田啓介内閣の大蔵大臣だった昭和11(1936)年2月26日、いわゆる二・二六事件で殺害された人物で、その事件の現場ともなった邸宅跡が当時の東京市に寄贈され、昭和16年に高橋是清翁記念公園として公開されました。昭和50年に都から港区に移管され、現在も都会のオアシスとなっています。

 公園は青山通り沿いにあり、道路の拡幅で面積はいくらか縮小しましたが、和風庭園はほぼそのまま残り、さまざまな樹木が生い茂る中に石灯籠や石像、池などが配され、高橋是清翁の銅像も立っています。

 戦時中の空襲により、残された建物が焼失しましたが、母屋は当時、故人の眠る多磨霊園に移築されており、戦災を免れ、現在は小金井公園の「江戸東京たてもの園」に移されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本芝公園の噴水池

091

所在地:港区芝4丁目

 JR田町駅の北側の線路沿いにあるのが港区立・本芝公園です。昔、この一帯は古川河口の三角州にあたる砂浜の海岸で、江戸時代以前から開けていたため、本来の芝という意味で本芝という地名となり、公園のある場所は江戸時代には魚の水揚げ場となり、「雑魚場(ざこば)」と呼ばれました。明治5年に新橋~横浜間の鉄道が開通すると、線路は軍部の意向で海岸の堤防上に敷かれ、雑魚場からはガードをくぐって東京湾に出入りできましたが、その後、線路の海側(芝浦)の埋め立てが進み、漁業も行われなくなり、海水が滞留するようになったので、雑魚場は昭和43年に埋め立てられ、公園化されました。

 公園には噴水の池がありますが、サザエの形をした噴水など、なかなかユニークです。

092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松町駅の小便小僧

082

所在地:港区海岸1丁目

 JR浜松町駅のホームにある小便小僧です。山手線外回り・京浜東北線南行きが発着する3・4番線ホームの田町寄りで勢いよく放尿しています!

081

 地元のボランティアの方々が毎月衣装を替えているのもよく知られていますが、訪問時(2009年12月)は浜松町駅開業100周年を記念して開業時の駅員の制服を着用していました。といっても、人形なので服を着せるのも大変で、仮縫いした衣装を着せた後、その場で縫い合わせるそうです。

 以下は浜松町駅の駅長さんによる由来の説明書き(昭和30年)。

「この像は昭和二十七年十月十四日鉄道開通八十周年を記念し、歯科小林光院長より寄贈されたもので、平和と愛のシムボルとして、色々の儀式行事等には大礼服や様々の衣装を全国の人々や小便小僧友の会から贈られて、広く愛されております」

 一応これも東京の池ということで取り上げてみました。ところで、この小便小僧、始発から終電までず~っと放尿しっぱなしなのでしょうか? まさか24時間無休とか??

 水が止まる時、小便小僧がブルブルっと身震いするらしい、という都市伝説(?)をいま創作してみました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

根津美術館の池

011

007   

所在地:港区南青山6-5-1

 3年半の休館を経て2009年10月7日にリニューアル・オープンした根津美術館は東武鉄道などを経営し、衆議院議員も務めた実業家・根津嘉一郎氏(初代、1860-1940)の遺志によって、その邸宅跡に1941年に開館した私立美術館です。

 そのコレクションは国宝7件、重要文化財87件、重要美術品96件を含む日本・東洋の古美術品で、約7,000点にも及ぶ大変充実したものです。

 そして、この美術館のもうひとつの見どころが、その庭園です。谷戸地形を取り込んだ起伏に富む園内は深山幽谷の趣があり、湧水による細長い池が連なっています。鯉が泳ぎ、カルガモが遊ぶ池の周囲にはとりわけ楓が多く、秋には大変美しい紅葉が楽しめることでしょう。もちろん、春には梅や桜、初夏にはカキツバタなど、季節ごとにさまざまな植物が庭を彩ります。

003

010

012

 また、点在する茶室や石灯籠、石仏、道標、石塔などもそれぞれに庭園に風趣を添えています。

 世田谷区の国分寺崖線を生かした五島美術館の庭園と共通するところもありますが、南青山の地にこれほどの庭園があるとは予想以上でした。なにより、今も湧き水が健在なのはとても貴重なことです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元麻布3丁目緑地の宮村池

039

所在地:港区元麻布3-6-19

 元麻布一帯は山あり谷ありの大変起伏の激しい地形で、狸坂、暗闇坂など坂の多い町です。こういう地形だと、昔は湧水が豊富だったと思われ、現在でもわずかながら地下水の湧きだしを見ることができます。

 すでに紹介した「がま池」「宮村児童遊園の湧水」のさらに北にひっそりとあるのが、港区が整備した生物の生活空間(ビオトープ)「元麻布3丁目緑地」で、湧水を引き込んだらしい池があり、「宮村池」と名付けられています。宮村というのはこのあたりの古い地名のようです。

 説明板によれば、池にはメダカが放されているようですが、僕が訪れた時は水が濁っていて姿が見えませんでした。亀1匹とシオカラトンボ1匹が確認できただけです。

 池の周囲には菖蒲や半夏生などの湿性植物が植えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がま池

049

所在地:港区元麻布2丁目

 港区元麻布周辺の地形は大変起伏が激しく、坂道が多い一帯です。その中の窪地にある池が「がま池」です。かつては湧水池だったそうですが、今は湧水も涸れてしまい、しかも宅地化の進行とともに埋め立ても進み、面積も小さくなってしまいました。
 がま池の名前の由来については、諸説あるようですが、そのひとつとして、次のような伝説があります。江戸時代、この地には旗本・山崎主税助治正の屋敷がありました。ある晩、屋敷内の見回りに出た家来が池の大ガマに殺されてしまいます。そこで、治正はガマ退治を決意しますが、その晩、夢枕にガマが白衣の老人に姿を変えて現われ、罪を詫び、今後は当家の防火に尽くすと誓いました。その後、近隣で火事が発生し、火の手が屋敷にも迫った時、ガマが池の水を吹きつけ、火を防いだということです。荒唐無稽な話ではありますが、とにかく古くから存在する池で、ガマも棲んでいただろうし、防火用水にも利用されていたのでしょう。
 とにかく、そういう池ですが、現在はマンションの敷地となっています。周囲には外国大使館などもあり、なかなか近寄りがたい雰囲気なのですが、池の南側のコイン駐車場から見下ろすことができます(上写真)。また、池の北西側の道端には港区教育委員会が立てた説明板があるほか、池を所有するマンション前にも説明板があり、管理事務所に申し出れば見学できると書いてあります。

 がま池のすぐ北側の谷底のような場所に宮村児童遊園(元麻布2-6、下写真)があり、そこにも湧水があり、小さな池があります。池そのものは大したことはありませんが、このような東京のど真ん中に水が湧いている、というだけでも価値があります。
Azabu01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝公園の弁天池

155

023

所在地:港区芝公園

 芝公園の増上寺の裏手、まさに東京タワーを見上げる位置に宝珠院という浄土宗の小さなお寺があります。閻魔大王像が安置された閻魔堂があるほか、朱塗りの弁天堂もあり、ここの弁財天は港区七福神の一つに定められています。そして、そしてお寺に隣接して弁天池があります。さほど大きな池ではなく、東京タワーと増上寺の間にひっそりと水面を広げています。

157

158

026

(逆さ東京タワー) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)