« 朝倉彫塑館の池 | トップページ

青山病院跡の池(琵琶池)

Dscn8875
 
 所在地:渋谷区神宮前5-53-7
 
 上の写真を見て、それが渋谷区の青山通り近くにある池だとは俄かに信じられないかもしれません。僕もこの付近は何度も訪れていながら、最近までその存在を全く知りませんでした。
 渋谷区の青山学院キャンパスから青山通りをはさんだ向かい側、国連大学や旧こどもの城(2015年閉館)の敷地には江戸時代には山城淀藩・稲葉家の下屋敷がありました。この土地は明治末から昭和43年まで東京都電(当初は東京市街鉄道)の青山車庫があり、運転士の訓練のための教習コースもありました。この敷地には大きな池があり、池の周囲を廻るように線路が敷かれていました(下の地図参照)。この池は地形的に見て、湧水池と思われ、稲葉家時代から庭園に存在し、「琵琶池」の名があったようです。
 
Img317
(明治末期の地図)
 
 1968年の都電廃止後、青山車庫の跡地は東京都職員共済組合の青山病院となり、1980年代には青山通りに面して国連大学や「こどもの城」などが建設されます。その裏手にあった病院は2008年に閉鎖、解体され、現在は住宅展示場となっています。
 池は当初の規模に比べれば、面積が縮小しているようですが、それでも結構な大きさで、しかも、野趣あふれる池です。
 訪問時にはカルガモのカップルが羽を休めており、ハクセキレイなども見かけました。対岸は鬱蒼と木が茂り、池や水辺にいろいろな生物が生息していそうな雰囲気です。
 ただ、インターネットで調べてみると、水が涸れていたという記述もあり、僕が訪れたのは大雨が続いた秋の終わりだったため、恒常的に水を湛えているのかどうかは分かりません。そのうちまた見てこようと思います。
 
Dscn8878
 
Dscn8882
 
Dscn8885
 
 池の周囲はフェンスが張り巡らされ、水辺に近づくことはできませんが、住宅展示場の駐車場から見ることができます。
 また、国連大学に隣接するコスモス青山の裏手からも池を覗くことはできます。
 将来的に再開発の対象となりそうな場所ですが、大都会の真ん中のこの貴重な池と周囲の環境を公園として、あるいは人間が近づけないサンクチュアリとして、ずっと残してほしいと思います。 

|

« 朝倉彫塑館の池 | トップページ

渋谷区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/72271764

この記事へのトラックバック一覧です: 青山病院跡の池(琵琶池):

« 朝倉彫塑館の池 | トップページ