« 浅草寺伝法院庭園特別公開2016年春 | トップページ | 千鳥ヶ淵公園の池 »

湯島聖天の放生池と「柳の井」

 

013
 所在地:文京区湯島3-32-4

 湯島天神の男坂下にあるのが湯島聖天・心城院(天台宗)です。
 元禄7(1694)年、湯島天神の別当寺・喜見院の第三世宥海大僧都が湯島天神境内にあった宝珠弁財天堂に菅原道真(=天神さま)と縁の深い大聖歓喜天(聖天さま)を奉安したのが始まりで、本尊の聖天は比叡山延暦寺から勧請された慈覚大師作と伝えられています。
 喜見院は明治の神仏分離令により廃寺となりましたが、聖天堂は湯島天神との関係を断ったうえで存続し、心城院と名を改めて現在に至っています。
 境内には宝珠弁財天の放生池があります。「江戸砂子にいう。此所の池は長井実盛(のちに斉藤別当実盛になる)庭前の池と伝ふ。昔は余程の池なりしを近世其の形のみ少しばかり残りたり」と記され、昔は太鼓橋が架かるほどの大きな池であったようです。当時から病気平癒などの祈願で縁起のよい亀を放す習慣があったそうです。
 その後、都市化により池は失われましたが、復活を望む声が多く寄せられ、平成23年に「心」の字を模した心字池が造られ、再び亀が放されたということです。
 小さな池ではありますが、太鼓橋も架かり、亀や金魚、鯉などが泳いでいます。

003

002_4


 境内にはほかに江戸の名水として知られる「柳の井」があります。この水で髪を洗えば美髪・厄除けのご利益があるとされ、また関東大震災の時には湯島天神境内に避難した多くの罹災者の生命を守った唯一の水として、当時の東京市長から感謝状を受けたということです。

005

008


(柳の井)

 境内にはまた水琴窟もあります。
011


 

 

 

|

« 浅草寺伝法院庭園特別公開2016年春 | トップページ | 千鳥ヶ淵公園の池 »

文京区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/64516847

この記事へのトラックバック一覧です: 湯島聖天の放生池と「柳の井」:

« 浅草寺伝法院庭園特別公開2016年春 | トップページ | 千鳥ヶ淵公園の池 »