« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月

新川東水門

Mj040


所在地:江戸川区東葛西1丁目

Mj057
(旧江戸川に浮かぶ妙見島から見た新川東水門)

 新川東水門は旧江戸川と新川の接続点に昭和40(1965)年に設置された径間11メートル×2連のローラーゲート式水門です。旧江戸川の水位が大潮の満潮位であるA.P.+2.1メートルを超えるA.P.+2.15メートルに達し、さらに上昇する恐れのある場合に閉鎖されます。津波の警報や注意報が発令されれば、水位に関係なく閉鎖されるのは言うまでもありません。
 新川は徳川家康が江戸に入府後、行徳の塩を江戸に運ぶための輸送路として開削された運河で、江戸川と中川を結んでいました。中川と隅田川をつなぐ小名木川とともに重要な水路として、行徳の塩だけでなく、江戸川~利根川経由で北関東、東北方面との水上輸送の幹線として長く利用されましたが、陸上交通の発達による水運の衰退とともに役目を終え、現在はいずれも感潮河川である旧江戸川とも中川とも分断された親水水路となっています。
 従って、新川東水門内も船溜まりになっていて、わずか数十メートルで水路は行き止まりです。その奥には新川東樋門が設けられ、旧江戸川から取水して親水水路となった新川に流しているのです。外部河川と遮断された新川は潮の干満の影響を受けず、基本的に水位は一定です。

015
(水門内は船溜まりになっている)

016_2
(船溜まりの奥には新川東樋門がある)

017_2
(新川東樋門で取水した水を新川に放流)

026
(放流口)

 新川の水位の調整は西端部の中川との接続点に設けられた新川排水機場によって行われています。平常時においてはA.P.+0.5メートルに保たれ、非常時でもA.P.+1メートルを超えないようになっています(A.P.0メートルが東京湾の干潮時の最低水位)。また、中川との接続点にあった新川西水門は廃止され、現在はわずかに遺構が残るのみです。

005_3
(新川西端部に残る西水門の遺構と復元された火の見やぐら)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二子玉川公園・帰真園の池

098


所在地:世田谷区玉川1-16-1

 二子玉川公園は東急・二子玉川駅東側の再開発にともない造成され、平成25年4月14日に一部オープンした世田谷区立の公園で、園内に世田谷区立としては初めての本格的回遊式日本庭園「帰真園」(きしんえん)が設けられました。
 世田谷本来の自然に回帰するという意味を込めた「帰真園」は日本古来のすぐれた空間文化を人々に伝えることを主題にしているそうで、起伏に富んだ庭園の中に渓流や滝、池など、源流から下流までの多摩川や国分寺崖線の風景が表現され、それらをめぐりながら散策が楽しめるようになっています。

091

099

 また、池に面して明治末の建築で登録有形文化財の「旧清水邸書院」が復元されています。
 まぁ、歴史的な名園にくらべると、いかにも平成風で、風趣という点では物足りないですが、新しいだけにユニバーサルデザインが取り入れられ、誰でも楽しめるようにはなっています。港区の檜町公園の庭園に似た雰囲気でもあります。
 池には鯉などは泳いでいません。アメンボはたくさんいましたが…。

095

096

 歴史を重ねるにつれて伝統的な日本庭園らしい趣が出てくればいいな、と思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »