« 東京工業大学のひょうたん池 | トップページ | 宝性寺の池 »

目黒川・船入場の壁泉と調整池

053
(画面左側に地下調整池がある)

055
(壁泉)

所在地:目黒区中目黒1丁目

 

 世田谷区内に源を発し目黒区内を流れ、品川で東京湾に注ぐ目黒川が東急東横線・中目黒駅の下をくぐり、蛇崩川の合流点を過ぎると、川幅が広がる地点があります。ここが「船入場」で、水運のために戦前に整備されたようです。
 現在はもはやそのような役割は失っていますが、そのかわり目黒川の増水に備えた地下調整池が右岸側に造られ、その上が公園となっています。川の資料館もありましたが、閉館してしまいました。
 広場には壁泉(滝?)がありますが、訪問時は水が止まっていました。

039_2

040_2

 一方、目黒川では川の中に配された石の上でオナガガモなどが羽を休め、亀が甲羅干しをしていました。

042

049

 ちなみに、目黒川はこのあたりまでが感潮域のようです。

 

|

« 東京工業大学のひょうたん池 | トップページ | 宝性寺の池 »

目黒区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/50687298

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒川・船入場の壁泉と調整池:

« 東京工業大学のひょうたん池 | トップページ | 宝性寺の池 »