« 亀ヶ池弁財天の池 | トップページ | 葛西臨海公園駅前の噴水 »

中野四季の森公園の池

022

所在地:中野区中野4-13

 中野区役所の西方に2012年4月1日にオープンしたのが中野区立中野四季の森公園です。
 この地は古くは江戸時代、5代将軍・徳川綱吉の「生類憐みの令」により1695年に野犬保護施設の犬屋敷が設置された場所です。現在の中野区役所や中野サンプラザ、中野駅を含むおよそ30万坪(約100ha)に及ぶ広大なものでした。綱吉の死後、犬屋敷が1709年に廃止されると、その跡地の一部に8代将軍・吉宗の命により桃の木が植えられ、江戸庶民の名所となります。
 明治以降は陸軍の施設が置かれ、戦後は警察庁の警察大学校および警視庁の警察学校となった土地が2001年の学校移転後、再開発され、オフィスビルや大学、病院が集まる「中野四季の都市(まち)」が生まれ、その中に防災拠点としての機能をもつ四季の森公園も造成されたわけです。

019
 災害時の避難所にもなる公園には井戸水を利用した池やせせらぎがあり、その水は緊急時の生活用水として利用されるそうです。
 池には噴水もあり、ふだんは子どもたちの絶好の水遊び場となっています。

023

 

|

« 亀ヶ池弁財天の池 | トップページ | 葛西臨海公園駅前の噴水 »

中野区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/46533244

この記事へのトラックバック一覧です: 中野四季の森公園の池:

« 亀ヶ池弁財天の池 | トップページ | 葛西臨海公園駅前の噴水 »