« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

亀ヶ池弁財天の池

004

所在地:北区赤羽西1-29

 赤羽駅の南西、赤羽台の麓に亀ヶ池弁財天があります。小さな祠は池に囲まれ、池にはその名前の通り、やたらにたくさんの亀がいます。この弁天様は地元商店会を中心に組織された弁天講の人々によって大切にされているようで、訪問時にも地元の人が次々とやってきては、池に架かる赤い橋を渡り、弁天様に手を合わせていました。

006

 そもそも亀ヶ池というのは、この地に古くからあった池で、赤羽台と稲付台にはさまれた谷間に広々とした水面を広げていたようです。湧水によって満たされた清らかな池には大蛇伝説も伝えられています。
 灌漑用の溜池としても利用されていたようですが、大正元年に埋め立てられ、現在の弁天池がわずかな名残と言えます。池には亀のほか、メダカも泳いでいます。

007

008

012

 池の中に祀られている弁財天は池の東方の舌状台地(稲付台)にある静勝寺の弁財天像を写した分体を勧請したものだということです。
 ちなみに静勝寺は戦国時代に太田道灌が江戸城と岩槻城の中継地として築いた砦、稲付城を江戸時代になって太田氏の菩提寺としたもので、太田道灌の木像が安置されていることで知られています。

023

(台地の上にある稲付城址=静勝寺)

022
(稲付城址の静勝寺) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »