« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

渋谷区ふれあい植物センターの池

040

所在地:渋谷区東2-25-37

 渋谷清掃工場の還元施設としてオープンした渋谷区ふれあい植物センターは、さまざまな熱帯植物を栽培する温室の中に、童謡『春の小川』の舞台となった昔の渋谷川に生息していた生き物たちを飼育する水槽があったり、ゲンジボタルを飼育していたり、と都会の小さなオアシスといえる空間です。

034

033_2

032_2

035

 館内を流れるせせらぎはそのまま屋外の池に通じ、ここにもさまざまな水生植物、湿性植物が栽培されています。

019

020 

 各種講座や実習、イベントを行うホールや企画展示、図書、映像コーナーなどもあるほか、ホタル観賞会などのイベントも季節ごとに開催されています。

 開園時間 10時~18時(入園は17時半まで)

 休園日  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

 入園料  100円

  ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿東公園のコウホネ池

028

所在地:渋谷区恵比寿1-2

 山手線恵比寿駅の北東、渋谷川沿いにある渋谷区立恵比寿東公園。タコの滑り台が印象的な児童遊園ですが、近隣の会社のサラリーマンやOLの憩いの場にもなっているようです。

024

023

 公園内には小さな人工池があり、スイレン科の水生植物のコウホネが栽培されています。これは渋谷川の上流にあたる河骨川にかつてコウホネが自生していたことにちなんだものです。現在の渋谷川は渋谷駅から上流が暗渠化され、渋谷駅の下流側も並木橋付近で流入する落合水再生センター(新宿区)からの下水処理水で辛うじて流れを保っているという状態で、コウホネが自生する美しい流れを取り戻すのは相当難しそうです。

029_2

 公園には子ども用の親水施設があるほか、地下が大雨時の貯水施設になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円乗院の池

012

所在地:世田谷区代田2-17-3

 小田急線世田谷代田駅南方の環状7号線沿いにある代永山円乗院は真言宗豊山派の寺院です。戦国時代、小田原北条氏の傘下にいた吉良氏の世田谷城が豊臣秀吉軍の小田原攻めの後、廃城となると、吉良家臣のうち代田七人衆と呼ばれた一団が帰農し、代田の地を開墾し、寛永2(1625)年に開いたのが始まりと伝えられています。

009

(ハス池)

 今は暗渠になり緑道化された北沢川に面したお寺は清新な印象で、境内には数多くの睡蓮鉢が並び、さまざまな品種のハスが栽培されています。また、高野槇の枯木が立っていますが、これは昭和20年5月25日の空襲により焼けたもので、戦争の悲惨さを伝えるために保存されています(下写真)。

011

 境内の一角にはひっそりとした庭園があり、鯉の泳ぐ池があります。

007

006

008

 北沢川緑道は環七から下流側に再生水による せせらぎが整備されていますが、その起点が円乗院前にあり、池尻大橋あたりまで水辺の散策を楽しむのも一興です。

013

014

(北沢川緑道のせせらぎ)   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉川高島屋・屋上庭園の池

033

所在地:世田谷区玉川3丁目

 再開発により大きく変わりつつある二子玉川の老舗ともいうべき玉川高島屋の屋上庭園にある池です。本館屋上のフォレストガーデンと南館屋上のサウスガーデンがあり、連絡ブリッジでつながっていて、四季折々に花を咲かせる草花、花木、果樹、ハーブなどが植えられ、芝生の広場もある中、散在するオブジェを鑑賞しながら散策できます。デパートの屋上庭園としてはかなり立派なものではないでしょうか。

029

(本館屋上のヴェルジュ滝)

 フォレストガーデンには「ヴェルジュの滝」という人工滝があり、サウスガーデンには池が造られていて、カフェもあります。池畔には枝垂れ梅が植えられています。魚などはいませんが、ハクセキレイの姿が見られました。

031

(南館屋上の池)

032

(屋上から多摩川方面を眺める)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »