« 行徳可動堰 | トップページ | 墨田区役所のカスケード »

河原水門

022_2

(旧江戸川右岸から見た河原水門。右は河原排水機場の排水ゲート)

所在地:(江戸川区・市川市境界未確定地域)河原番外地

 江戸川水閘門、行徳可動堰を紹介したついでに取り上げるのが河原水門です。江戸川水門の下流400メートルほどの旧江戸川左岸にある水門で、水門内は船溜まりになっています。

023

 水門そのものはどこにでもあるようなローラーゲートですが、興味深いのはその所在地です。旧江戸川の左岸側なので千葉県市川市かと思いきや、ここは東京都と千葉県の間で境界が未確定の場所なのです。なぜこんなことになったのか。そのヒントはこの船溜まりにありそうです。

016

(船溜まり側から見た河原水門)

 1919年に江戸川放水路(現・江戸川)が開削された時、もともと東京と千葉の境界だった旧江戸川の流路が変更になり、旧流路のうち埋め残された水面が現在、船溜まりとして利用されているようなのです。従って、この船溜まりから旧流路を推定して、その流路の半分と右岸側は東京都の領域であると都側が主張しているのでしょう。そのため江戸川と旧江戸川にはさまれた三角地帯は河原番外地などと呼ばれ、一般の住宅はなく、緑地やグラウンドとなり、わずかに国土交通省の施設があるだけのようです。

Ckt843_c10_48_4

(1:江戸川閘門 2:江戸川水門 3:河原水門  4:行徳可動堰)

 上の写真で 新旧江戸川に挟まれた地域のうち、行徳可動堰と河原水門より上流側の区域が境界未確定地域のようです。

017

(河原番外地。右が江戸川、左が旧江戸川。向こうは京葉道路江戸川大橋)   

|

« 行徳可動堰 | トップページ | 墨田区役所のカスケード »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/42257343

この記事へのトラックバック一覧です: 河原水門:

« 行徳可動堰 | トップページ | 墨田区役所のカスケード »