« 上神明天祖神社の弁天池(白竜池) | トップページ | 行徳可動堰 »

江戸川水閘門

002

(江戸川水閘門とポニーランド)

所在地:江戸川区東篠崎町地先

 東京都と千葉県の境を流れる江戸川は水害対策として大正8(1919)年に千葉県市川市で東京湾に注ぐ放水路(約3.5キロ)が開削され、その後、こちらが江戸川本流となり、かつての本流の下流部分(約9.5キロ)は旧江戸川と呼ばれるようになりました。その分流点の少し下流の旧江戸川(河口から約9.3キロ地点)に設置されたのが江戸川水閘門です。水門と閘門を併設した施設で、昭和11(1936)年から建設が始まり、戦時中の昭和18(1943)年3月に完成したので、都内でも古い水門と言えるでしょう。

002_2

(江戸川と旧江戸川の分流点。手前が旧江戸川)

 この水閘門の当初の役割としては①洪水時に毎秒1000立方メートルを旧江戸川に分派させること、②異常渇水時に塩分遡上を防止すること、③堰上流の水位を確保して都市用水を安定供給すること、④平常時における下流の流量を確保すること、⑤舟運を確保すること、が想定されましたが、このうち①については現在、洪水時でも旧江戸川への分派は基本的に行っていないようです。大雑把に言えば、水門の開閉を通じて、上流側、下流側双方の流量や水位をその時々の状況に応じて調節することと、上流で農工業用水・水道用水を取水していることから海水の遡上を阻止することが役目ということでしょう。

 さて、まずは江戸川水門ですが、これは純径間10メートル、高さ5メートルのローラーゲートが5門あります。このうち3門は1枚扉で、開放時にはゲートを上昇させることでゲートの下をくぐって水が流れる通常の方式ですが、残り2門は2枚扉になっていて、越流放流もできるようになっています。

006

014

012

013

 この水門の閉鎖時にも船が通航できるようにと、併せて設置されたのが江戸川閘門です。これまでに紹介した扇橋閘門や荒川ロックゲートと同様の設備で、長さ100メートル、幅16メートルの閘室の前後に幅13.4メートル(純径間11メートル)、高さ6.5メートルのゲートが設置され、水位の異なる区間を船が往来できるようになっています。

010

(江戸川閘門上流側ゲート)

024

(下流側ゲートが開いて、船が進入してきた)

025

(ゲートが閉じて水位調節が始まる)

026

(水位の高い上流側から注水。閘室内の水位上昇)

028

(閘室内と上流側の水位が一致したら上流側ゲートが開く)

030

(船が出てきた)

 なお、水門開放時でも江戸川水門は船が通ることはできません。

    

|

« 上神明天祖神社の弁天池(白竜池) | トップページ | 行徳可動堰 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/42215566

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川水閘門:

« 上神明天祖神社の弁天池(白竜池) | トップページ | 行徳可動堰 »