« 江戸川水閘門 | トップページ | 河原水門 »

行徳可動堰

018

所在地:千葉県市川市行徳地先

 前記事で江戸川水閘門を取り上げたので、すぐそばにある行徳可動堰もあわせて紹介します。

 江戸川の水害対策として江戸川の水を千葉県市川市から東京湾までまっすぐに流す放水路が開削されたのは大正8(1919)年のことですが、この江戸川放水路(その後、こちらが江戸川本流となる)に設置されたのが行徳堰でした。当初は固定堰でしたが、洪水時の放水量を増やすため、昭和25(1950)年に着工、昭和32(1957)年に完成したのが行徳可動堰です。その後、この一帯の地盤沈下が進んだことから、昭和50(1975)年から52(1977)年にかけてゲートを50センチかさ上げしています。

 河口から3.2キロの地点に位置し、純径間30メートル、扉高4.5メートル(ドラム径3.5メートル)の鋼製ローリングゲートを3門備えています。ローリングゲートとは円筒状のゲートを回転させながら上下させる形式の水門で、僕はここで初めて見ました。

028

033

 通常は閉鎖されており、旧江戸川の江戸川水閘門と連携して海水の遡上を防止するほか、洪水時には上流の水位が一定以上になった場合にゲートを開放し、洪水を安全に流下させます。ゲート閉鎖時でも上流側が増水すれば堰を越えて水が流れるようになっています。また、平常時には通水扉を通じて堰下流の必要な用水を確保しているということです。

022

 行徳可動堰は通常は閉鎖され、江戸川の水をせき止めているため、堰の上流側は淡水域、下流側は海水の混じった汽水域となっていて、堰周辺のヨシ原は稀少なヒヌマイトトンボの生息地だったり、堰のすぐ下手に見られる干潟はトビハゼが生息する北限とも言われているそうです。こうした生態系が形成されているわけですが、洪水時にゲートを開放し、一気に大量の淡水を放流することで、下流の汽水域の自然環境に大きな影響を及ぼしてしまうという問題もあるようです。また、可動堰も海水による腐食などで老朽化が進んだため、新たな堰を建設するという計画もあるそうです。

021

(堰下流側の干潟。上が満潮時、下が干潮時)

012

  なお、行徳可動堰は船の通航はできません。

|

« 江戸川水閘門 | トップページ | 河原水門 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

平成23年度と平成24年度工事にて、行徳可動堰は、新替されます

投稿: ターボ | 2012年2月10日 (金) 15時02分

ターボ様
情報ありがとうございます。
行徳可動堰は老朽化と腐食が相当進んでいるようですね。

投稿: peepooblue | 2012年2月10日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/42254197

この記事へのトラックバック一覧です: 行徳可動堰:

« 江戸川水閘門 | トップページ | 河原水門 »