« 礫川公園の噴水池 | トップページ | 浅草寺伝法院庭園が特別公開(終了しました) »

東京都戦没者霊苑の池

014_2 

所在地:文京区春日1-14-4

 前記事で紹介した礫川公園の背後の台地上に東京都戦没者霊苑があります。戦前は陸軍工科学校のあった場所で、1931年の満州事変から1945年の敗戦までの16万人に及ぶ東京都の戦没者の霊を慰めるため、1960年に建設され、その後、1988年に現在のモダンなデザインに改築されました。

 池の中に立つ鎮魂碑の文字は当時の鈴木俊一都知事の揮毫、また碑文は文芸評論家の山本健吉氏によるものです(下写真)。

015

(鎮魂碑の向こうは水のカーテンになっている)

 池や壁泉など清らかな水を多く用いているのは、空襲による炎の中で亡くなった方々の魂を鎮める意味があるのでしょう。

018

019

022

 敷地内には、ほかにも金魚のいる池があり、そばに「民生委員・児童委員顕彰碑」が立ち、民生委員制度創設50周年にあたっての昭和天皇の「いそとせも へにけるものか このうへも さちうすき人を たすけよといのる」という御製が刻まれています。

004

013

|

« 礫川公園の噴水池 | トップページ | 浅草寺伝法院庭園が特別公開(終了しました) »

文京区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/42679103

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都戦没者霊苑の池:

« 礫川公園の噴水池 | トップページ | 浅草寺伝法院庭園が特別公開(終了しました) »