« 小岩菖蒲園の池 | トップページ | 築地川水門 »

汐留川水門

059

所在地:中央区浜離宮庭園先

 汐留川は江戸城外濠のうち弁慶濠~溜池(現存せず)を含む区間を形成する水系の下流部分の名称です。もともとは新宿区若葉町付近に水源があり、赤坂御用地内の一連の池もこの川の名残と思われます。

 川は多くの谷戸からの水を合わせつつ流れ、昔は江戸城前まで入り込んでいた日比谷入江に注いでいましたが、入江が埋め立てられてからは、外濠の排水路として新たに水路が開削され、浜離宮庭園(当時の浜御殿=将軍の別邸)付近で海に注ぐようになりました。

 この川を虎ノ門付近の堰堤でせき止めたのが今も外堀通りの交差点名に残る「溜池」で、江戸の南部地域の上水の水源としても利用され、堰は海水が溜池に流入するのを防ぐ意味もあったために、汐留川と呼ばれるようになったわけです。

024

(浜離宮前で地下から姿を現した汐留川)

022

(浜離宮に沿って画面奥へ伸びる汐留川。左へ伸びるのは築地川)

 外濠と海を繋いでいた汐留川は戦後埋め立てられて、その上に高速道路が建設され、現在も水面が残るのは浜離宮の西側と南側を濠のように縁取る900メートルほどの区間のみで、東京湾(隅田川)との接続部に昭和44年、汐留川水門が設置されています。幅員14メートル、上空制限高A.P.+6.1メートルのローラーゲート式水門で、東京都港湾局が管理しています。水門閉鎖時の排水設備として浜離宮排水機場が併設され、そのユニークな外観が異彩を放っています。

 なお、この汐留川が中央区と港区の境界になっています。

061

(浜離宮南側の水面)

062 

|

« 小岩菖蒲園の池 | トップページ | 築地川水門 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/40295319

この記事へのトラックバック一覧です: 汐留川水門:

« 小岩菖蒲園の池 | トップページ | 築地川水門 »