« 台東区役所の池 | トップページ | 江東区役所の池 »

弁天院・朝日弁財天の弁天池

005

006

所在地:台東区竜泉1-15

 下谷七福神のひとつ、朝日弁財天は江戸初期の備中松山城主・水谷伊勢守勝隆が寛永元(1624)年に下屋敷内の池に祀ったのが始まりです。弁財天を信仰していた勝隆は同時に不忍池にも弁天様を祀り、西にある不忍池の弁天を夕日弁天、東に位置する自分の屋敷の弁天を朝日弁天と称したとのことです。

 朝日弁天が祀られた弁天池はかつては約8,000平方メートルもの広さを持ち、その深さは底知れずと言われるほどだったといいます。池には琵琶の形をした約160平方メートルの島があり、木橋が架けられていました。鬱蒼と木々が生い茂るその島の中に朝日弁財天は祀られていたわけです。

 しかし、大正12年の関東大震災の後、当時の東京市の要請により、池は付近の焼土の処分場とされ、大部分が埋め立てられてしまい、現在は小さくて浅い池が残るのみで、往時の面影は全く残っていないようです。石橋の架かる池には立派な鯉が泳いでいます。

 弁天堂の横には聖観音菩薩像が立っていますが、これは池に落ちて亡くなった人や池の埋め立てで生き埋めにされた魚など、犠牲となった多くの命を供養するために建立されたものだということです。

012

 なお、現在の朝日弁財天は敷地の大部分が弁天院公園という区立の児童遊園になっています。

|

« 台東区役所の池 | トップページ | 江東区役所の池 »

台東区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/38483121

この記事へのトラックバック一覧です: 弁天院・朝日弁財天の弁天池:

« 台東区役所の池 | トップページ | 江東区役所の池 »