« ホテルニューオータニの池 | トップページ | 早稲田大学・大隈庭園の池 »

平河梅林坂の池

020

023

所在地:千代田区平河町2丁目

 平河町の都市センターと全国都市会館の間に平河梅林坂と名づけられた散策路があります。その名の通り、梅の木が植えられていますが、ほかにも桜、モミジ、ハナミズキなどさまざまな樹木と草花が植えられ、四季折々に楽しめるようになっています。訪問時はヤブランが地味に咲いているぐらいでしたが…。そして、植え込みの中に人工の水源があり、ここから石組の間をせせらぎが流れ下り、坂下の池に注いでいます。

022

 そもそも平河町という町名には次のような由来があります。江戸城を築いた太田道灌が菅原道真の霊夢を見たことから城内に天満宮を勧請し、梅林を造り、本丸から梅林を通って平河門に下る坂は梅林坂と呼ばれました。徳川時代になって神社は江戸城の外に移され、これが平河天満宮と呼ばれるようになり、その一帯が平河町となったわけです。平河梅林坂も現在の天満宮と少し離れてはいますが、そのネーミングもこうした歴史と関係があるのでしょう。

 坂下には「東の風」(寺田栄、1999年)という石のモニュメントがあります(下写真)。

019

|

« ホテルニューオータニの池 | トップページ | 早稲田大学・大隈庭園の池 »

千代田区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/37374631

この記事へのトラックバック一覧です: 平河梅林坂の池:

« ホテルニューオータニの池 | トップページ | 早稲田大学・大隈庭園の池 »