« 四谷四丁目交差点の睡蓮鉢 | トップページ | 荒澤不動の湧水池 »

数寄屋橋公園の「めぐりあいの泉」

126

124

所在地:中央区銀座5-1

 銀座の数寄屋橋交差点の脇にある小さな公園が数寄屋橋公園です。そもそも数寄屋橋は江戸初期に江戸城外濠に架けられた橋ですが、一般には全国の女性を夢中にさせたドラマ『君の名は』の舞台として有名です。当時の橋は昭和4年に架け替えられた石造りのアーチ橋で、この付近の外濠の埋め立てに伴い昭和30年代初頭に取り壊され、現存しません。外濠跡地には高速道路が建設されています。

 数寄屋橋公園では岡本太郎作の「若い時計台」という時計塔がひときわ目を引きますが、橋に用いられていた石材を利用した数寄屋橋跡の碑もあり、『君の名は』の作者・菊田一夫による「数寄屋橋此処にありき」の文字が刻まれています。そして、公園の奥の底の青い池は「めぐりあいの泉」と名づけられ、噴水や壁泉があります。

125

122

|

« 四谷四丁目交差点の睡蓮鉢 | トップページ | 荒澤不動の湧水池 »

中央区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/37264420

この記事へのトラックバック一覧です: 数寄屋橋公園の「めぐりあいの泉」:

« 四谷四丁目交差点の睡蓮鉢 | トップページ | 荒澤不動の湧水池 »