« 下丸子公園の池 | トップページ | あけぼの水門 »

辰巳水門

012

020

(片方は工事中)

所在地:江東区辰巳1丁目

 江東区の埋立地である東雲と辰巳の間にあるのが辰巳運河で、ここに昭和37(1962)年に設置されたのが辰巳水門です。幅員11.4メートル×2連のローラーゲートで、運河沿いの街を高潮や津波の被害から守るのが役目で、水門上部に「高潮から都民の生命・財産を守ります」と書かれています。

010

(上空制限高はA.P.+6.9メートル)

 大気圧の低下により海面が上昇する高潮が発生するのは台風の襲来が原因となる場合が多いですが、もし台風による高潮の侵入を防ぐために水門を閉鎖すると、内部河川が大雨で増水しても水の逃げ場がないことになり、洪水の危険が高まります。そこで水門閉鎖時に内部の水をポンプで強制的に排水する施設が水門とセットで必要になるわけで、辰巳水門には辰巳排水機場(昭和39年設置)が隣接しています。

030

(左側が辰巳排水機場)

|

« 下丸子公園の池 | トップページ | あけぼの水門 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/37302497

この記事へのトラックバック一覧です: 辰巳水門:

« 下丸子公園の池 | トップページ | あけぼの水門 »