« 新砂水門 | トップページ | ホテルニューオータニの池 »

医王寺の薬師池(お目玉の池)

002

002_2 

所在地:杉並区上高井戸1-27

 世田谷の古道について調べていて、その存在を知ったのが杉並区上高井戸の明星山遍照院医王寺です。医王寺の北、杉並区と世田谷区の境界を通る道がかつて府中と江戸方面を結ぶ古代からの道なのではないか、という関心から、この付近に古くからあるらしい医王寺を訪ねてみたわけです。当時はただお寺について興味があったわけですが、その後、杉並区立郷土博物館で入手した『杉並の川と橋』(2009.3)という研究論文集の中に医王寺の旧境内に池の名残があるという記述があり、池の探訪者としても興味津津で行ってみました。

 門前に立つ杉並区教育委員会による説明板によれば、平安初期の承和元(834)年、弘法大師が東国を巡行した際、箱根山で彫った薬師如来像を海星和尚がこの地に建てた草庵に安置したのが始まり、という伝承があるそうです。その真偽はともかく、14世紀の板碑が見つかっていることから、かなりの古刹であることは確かなのでしょう。薬師堂が西に向いて立っていたので「西向茅野薬師」と呼ばれ、江戸時代には特に眼病に霊験があらたかということで、毎月12日に市が開かれるほど賑わったということです。薬師堂に面して、日照りでも涸れることのない湧水の池があり、この池については、眼病平癒を祈願して魚を放すと、たちまち治り、そのかわり魚は片目になったという伝説が残っています。同様の伝説は各地にあり、すでに紹介した池では世田谷区深沢の深沢神社の弁天池や江戸川区一之江の妙音寺などに残っています。

 さて、医王寺は明治初期に廃寺となりますが、本堂は高井戸小学校の前身である高泉学校の仮校舎として使用され、薬師堂だけは大正12年の関東大震災で被災するまで甲州街道に面して残っていて、薬師如来像が無事だったことから翌年、旧境内北方の現在地に寺が再興されたということです。「薬師の池」あるいは「お目玉の池」と呼ばれた湧水の池はかつて40坪ほどの面積があったそうですが、現在は4分の1ほどになって医王寺南方の住宅地の中にひっそりとあります。味気ない長方形の池で、今も湧水が健在なのかどうかは不明です。池のそばを水路跡が通っています。

001

|

« 新砂水門 | トップページ | ホテルニューオータニの池 »

杉並区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/37357399

この記事へのトラックバック一覧です: 医王寺の薬師池(お目玉の池):

« 新砂水門 | トップページ | ホテルニューオータニの池 »