« 北十間川樋門と業平橋水上公園の池 | トップページ | 横網町公園の池 »

大横川親水公園と万華沼

029

(大横川親水公園の万華沼)

 大横川は北十間川から墨田区吾妻橋3丁目・業平1丁目で分かれて南に流れ(もともと全区間が潮の干満の影響を受ける感潮河川なので「流れる」という表現は正確ではないのですが…)、竪川、小名木川、仙台堀川と交差し、江東区木場で西に曲がり、隅田川に合流する人工の運河です。江戸時代の万治2(1659)年に舟運と排水を目的に開削され、小名木川以南は元禄8(1695)年の開削です。かつては仙台堀川より下流部が平野川、最下流部は大島川と呼ばれましたが、昭和39年に河川法改正により大横川の名称で一本化されています。

 この大横川ですが、水運の衰退と水害防止のために現在は北十間川~竪川の区間が埋め立てられ、1.8キロにわたって親水公園となっています。その始まりが前記事の業平橋水上公園で、北十間川から取水し浄化した水が流され、業平橋~平川橋間には「魚釣り場」があったり、子どもたちが水遊びできる「せせらぎ」があったり、滝や渓流(紅葉橋~報恩寺橋)があったりしますが、報恩寺橋~清平橋間には貴重な水生植物・湿性植物が植えられた野趣あふれる沼があり、「万華沼」と名づけられています。

020

(魚つり場)

021

(せせらぎ)

024 

(滝)

033

(画面左端が万華沼)

030

(夏の万華沼)

034

035

(JR総武線下流の京葉道路付近) 

|

« 北十間川樋門と業平橋水上公園の池 | トップページ | 横網町公園の池 »

墨田区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/36094483

この記事へのトラックバック一覧です: 大横川親水公園と万華沼:

« 北十間川樋門と業平橋水上公園の池 | トップページ | 横網町公園の池 »