« 大島川水門 | トップページ | 中川水門 »

上平井水門

012

所在地:葛飾区西新小岩3-45-12

 中川と綾瀬川の合流点に昭和45(1970)年3月に設置された水門が上平井水門です。有効幅員30メートル×4連のスケールの大きさが魅力です。この付近の中川は感潮域にあたり、潮の干満によって常に水位が変化しますが、上平井水門は高潮や津波による中川の洪水を阻止する防潮水門で、中川・綾瀬川流域の街を水害から守るのが役目です。

 堤防を隔ててすぐ隣を荒川が流れており、ここから河口まで中川と荒川は並流していますが、この地点から下流の本来の中川は人工の放水路として開削された荒川によって分断され、旧中川として荒川の西側の江東デルタに取り込まれています。

015

020

019

(中川・綾瀬川合流点)

027

(綾瀬川から見た水門。右は荒川。上は首都高かつしかハープ橋) 

|

« 大島川水門 | トップページ | 中川水門 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/36457570

この記事へのトラックバック一覧です: 上平井水門:

« 大島川水門 | トップページ | 中川水門 »