« 上平井水門 | トップページ | 木下川排水樋門と木下川排水機場 »

中川水門

009

(荒川側から見た中川水門。向こうが中川)

所在地:葛飾区西新小岩3丁目

 中川と荒川を連絡する水路に昭和57(1982)年に設置された幅員12メートルの水門が中川水門で、前記事で紹介した上平井水門のすぐ下流側(中川右岸)に位置しています。

 そもそも荒川の本来の下流部は隅田川だったわけですが、都内を蛇行して流れていたため、洪水被害が多発したことから都心部を避けて直接東京湾に水を流す放水路として開削されたのが現在の荒川下流部です。この巨大な人工河川を造ったために綾瀬川や中川は流路を分断され、現在は両河川は一緒になって荒川の東隣を河口まで並行して流れています。また、荒川放水路によって上流部と切り離された下流部は旧綾瀬川や旧中川として荒川の西側に残っています。

 中川水門は中川が荒川によって分断された現場に設置され、2つの川を繋いだり、遮断したりするのに利用されています。

010

(中川から荒川に船がやってきた)

 なお、中川水門の対岸、荒川と旧中川の分岐点には木下川排水機場が存在し、こちらは水路としては完全に分断されています。

12305101

(荒川対岸の木下川水門から見た中川水門。その上流に上平井水門も見える)

|

« 上平井水門 | トップページ | 木下川排水樋門と木下川排水機場 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/36464131

この記事へのトラックバック一覧です: 中川水門:

« 上平井水門 | トップページ | 木下川排水樋門と木下川排水機場 »