« 大泉さくら運動公園の池 | トップページ | 源森川水門 »

世田谷文学館の池

018

所在地:世田谷区南烏山1-10-10

 京王線芦花公園駅から南へ5分ほどの場所にある世田谷文学館はおもに世田谷区にゆかりのある文学者や文芸作品に関するミュージアムです。なかなか面白い企画展をやるので、僕はたびたび訪れます。文学館自体は1995年に開館した、ガラス張りの典型的平成建築ですが、すぐ隣にはいかにも旧家といった風情の古い土塀や門があり、塀に沿って濠もあります。この濠から続く池は文学館と旧家の間に水面を広げ、立派な錦鯉が泳ぎ回り、初夏には菖蒲が咲きます。

007

016

008

011 

 文学館の中からは、池の向こう側の庭園を見ることができますが、この屋敷は化粧品メーカー・ウテナの創業者・久保政吉氏(1890-1947)の邸宅でした。近年取り壊され、敷地には有料老人ホームが建設されたものの、庭園の一部や土塀、門などが残され、往時の面影を伝えています。

 

|

« 大泉さくら運動公園の池 | トップページ | 源森川水門 »

世田谷区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/35826707

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷文学館の池:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/07/21 09:05) [ケノーベル エージェント]
世田谷区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 09時05分

« 大泉さくら運動公園の池 | トップページ | 源森川水門 »