« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

北十間川樋門と業平橋水上公園の池

060

所在地:墨田区吾妻橋3丁目・業平1丁目

 完成前から大人気の東京スカイツリー。そのすぐ脇を流れているのが北十間川です。江戸時代に開削された人工河川で、旧中川と隅田川を結ぶ水路として利用されてきました。

 スカイツリーの最寄り駅・東武線業平橋駅の南側にかかるのが東武橋で、その西側で北十間川から分かれて南に伸びていた水路が大横川です。この北十間川と大横川の分岐点に設置されたのが北十間川樋門です。この樋門から隅田川までの北十間川(この区間は他の区間より後から開削され、源森川と呼ばれました)は隅田川と直接つながり、潮の干満の影響を受けて水位が変動する感潮河川ですが、樋門の東側、旧中川までの区間は水害防止のため水位を人工的にA.P.-1メートルまで低下させています。江東デルタの東部地域は東京湾の干潮時の最低水位(A.P±0メートル)より低い土地も存在するためです。北十間川樋門は水位の異なる両区間を遮断する役割を担っているわけです。また、木炭を利用して川の水を浄化する施設も備わっています。

 この樋門の存在により現在は両区間を船が往来することはできないわけですが、東京スカイツリーの建設に合わせて、地元墨田区では北十間川を観光用水運ルートとして活用する案をもっており、そのために北十間川樋門を扇橋閘門や荒川ロックゲートのように閘門化するように東京都に働きかけているそうです。実現しますかどうか…。

018

019

(この時点で398m)

 さて、この北十間川樋門から南へ伸びる大横川にかかる最初の橋が業平橋です。ただし、大横川は途中の竪川との交差点までが埋め立てられ、親水公園となっています。そして、樋門に隣接し、業平橋との間にあるのが業平橋水上公園です。樋門で浄化した水を利用した池があり、鯉が泳ぎ、スイレンが植えられています。池に面した建物が船の形をしているのがユニークです。

017

021 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源森川水門

039

036

所在地:墨田区吾妻橋1丁目

 浅草駅を発車した東武線の電車が隅田川を渡ると、すぐ対岸の右脇に見える水門が源森川水門。隅田川と北十間川の接続点に設置された幅11メートルのローラーゲート式水門です。江東デルタ地帯を守る防潮水門で、通常は開放されていますが、高潮や津波の恐れがある場合は直ちに閉鎖されます。

033

 なお、水門名の源森川というのは北十間川のうち、隅田川から大横川までの区間の旧名で、それ以前から存在した大横川や北十間川と隅田川を結ぶために寛文3(1663)年に開削された運河です。現在は北十間川と一本化されていますが、業平橋の北側に北十間川樋門があり、水路としては完全に分断されています。

028

(源森橋からみた北十間川と東京スカイツリー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷文学館の池

018

所在地:世田谷区南烏山1-10-10

 京王線芦花公園駅から南へ5分ほどの場所にある世田谷文学館はおもに世田谷区にゆかりのある文学者や文芸作品に関するミュージアムです。なかなか面白い企画展をやるので、僕はたびたび訪れます。文学館自体は1995年に開館した、ガラス張りの典型的平成建築ですが、すぐ隣にはいかにも旧家といった風情の古い土塀や門があり、塀に沿って濠もあります。この濠から続く池は文学館と旧家の間に水面を広げ、立派な錦鯉が泳ぎ回り、初夏には菖蒲が咲きます。

007

016

008

011 

 文学館の中からは、池の向こう側の庭園を見ることができますが、この屋敷は化粧品メーカー・ウテナの創業者・久保政吉氏(1890-1947)の邸宅でした。近年取り壊され、敷地には有料老人ホームが建設されたものの、庭園の一部や土塀、門などが残され、往時の面影を伝えています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大泉さくら運動公園の池

005

所在地:練馬区大泉学園町9丁目

 埼玉県和光市と接する練馬区の北辺にある公園が区立大泉さくら運動公園です。その西側には都立大泉中央公園があり、北側には和光樹林公園が広がるという一大緑地をなしています。

004

 公園内にはバーベキューができる野外炊事広場があり、そこからなだらかに下る斜面の下に池があります。地形的に見て湧水池かなと思ったのですが、園内に降る雨水を水源としているようで、大雨の時には水を一時的に貯めることで、周辺の洪水を防ぐ機能も持ち合わせています。

 僕が訪れたのは冬だったので、水面の一部には氷が張っていましたが、夏場には水辺の植物が生えて、トンボやカエルなども見られることでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あずま百樹園の噴水池

006

所在地:墨田区文花1-19-4

 地図を見ていて、墨田区に小さな池が描かれている「あずま百樹園」というのを見つけました。ただし、池は完全な円形で、平凡な噴水池が予想され、あまり期待はしていなかったのですが、同じ墨田区の向島百花園に対抗するかのようなネーミングに心を惹かれて、建設が進む東京スカイツリー見物を兼ねて行ってみました。東武亀戸線の小村井駅が最寄りですが、僕は押上駅から歩きました。

 さて、たどり着いた「あずま百樹園」はさほど広いわけでもなく、さまざまな樹木が植えられているだけの公園で、池は予想通り、平凡すぎるほど平凡な円形の噴水池でした。

「この噴水池は魚等の生き物を飼うためのものではありません。噴水池に魚等の生き物を放さないで下さい」という注意書きがありますが、池には金魚や亀が泳いでいます。

 また、百樹園には野鳥の好む実がなる木を多く植え、給餌台なども設置して、一応バードサンクチュアリになっているようです。

012

 墨田区が立てた案内板によれば、「ここにくる野鳥」として「オナガ、ムクドリ、コジュケイ、シジュウカラ、スズメ、ツグミ、ヒヨドリ、メジロ、ヤマガラ、ヤマドリ」などと書いてありますが、嘘でしょう。こんなところにヤマドリがいたらビックリだし、ヤマガラ、コジュケイもかなり怪しいですね。実際はハトとスズメ、カラスぐらいしか見かけませんでした。

011

(「バードサンクチアリー」「シジウガラ」…)

005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝公園の「もみじ谷」と「もみじの滝」

028

056

所在地:港区芝公園4丁目

 芝公園は増上寺を囲むように配置されたいくつもの園地から成っていますが、その中で東京タワーの真下といえる地区にあるのが人工の渓谷である「もみじ谷」です。名前の通り、モミジが多く植えられ、東京のど真ん中にいることを忘れてしまいそうな雰囲気があります。

048

050

 東京タワーのそびえる台地の斜面下に人工の水源から流れ出る水が渓谷をなし、また崖上の水源からは「もみじの滝」という滝が落ちていて、渓流に合流しています。この滝は昭和60年に復元されたと案内板に書かれているので、昔は自然の滝が存在したのでしょうか。滝の周辺では数か所から水が湧き出ているのを見ることができます。

053

(もみじの滝)

051

(もみじ谷から見上げる東京タワー)

 渓谷を見下ろす崖上には小さなお堂があり、如意輪観音が安置されています。

057 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »