« 旧岩淵水門 | トップページ | 岩淵水門 »

荒川知水資料館の水生植物観察池

038

040

所在地:北区志茂5-41-1

 荒川と隅田川の分流点にある旧岩淵水門の右岸側(新河岸川の左岸でもある)に荒川に関するさまざまな情報が得られる荒川知水資料館があり、その敷地内に水生植物観察池があります。さほど大きな池ではありませんが、クロメダカやドジョウが棲み、トンボやカエルが産卵するビオトープになっています。ここには荒川に生える、あるいは、かつて生えていた水生植物や湿性植物が数多く植えられ、貴重な植物も少なくないようです。ただ、僕が訪れたのは冬だったので、写真のような状態でした。

 荒川知水資料館は月曜休館、入場無料。

 開館時間 9:30~17:00(但し、12~2月は16:30閉館、7~9月は17:30閉館)

 また、資料館前には荒川放水路完成記念碑があるほか、かつて荒川下流の左岸にあり、新川や中川と荒川を繋いでいた船堀閘門の頭頂部が保存され、さらに荒川の河川工事に際して高さの基準となる「水準基標・岩淵基準点」(A.P.+8.259m)が設置されています。

030

(船堀閘門の頭頂部)

033

(岩淵基準点)

 

|

« 旧岩淵水門 | トップページ | 岩淵水門 »

北区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/33920276

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川知水資料館の水生植物観察池:

« 旧岩淵水門 | トップページ | 岩淵水門 »