« 亀島川水門と霊岸島水位観測所 | トップページ | 池上梅園の池 »

境川西水門と堀江水準標石

031

(常時閉鎖されている水門。右後方は東西線鉄橋)

035

(旧江戸川堤防をはさんで正副二つの水門がある)

所在地:千葉県浦安市堀江4丁目

 今回は東京都内から越境して旧江戸川の対岸・千葉県浦安市の水門です。

 東京メトロ東西線の旧江戸川鉄橋のすぐ南側で、旧江戸川から分かれるのが境川で、漁師町だった昔日の浦安の面影をわずかに残す水路です。かつては1.7キロほどで東京湾に注いでいましたが、昭和40年から始まった埋め立て事業により、沖合まで陸地化されるにつれて境川も延長され、現在は3倍近い4.8キロほどの長さになっています。

 その旧江戸川と境川の分流点に設けられたのが境川西水門で、現在の水門は1966年に完成しました。その後、73年に副水門も建造され、現在は二重の水門になっています。この水門は基本的には常時閉鎖されているようですが、これは地盤沈下によって境川の水位が下がり、旧江戸川との間に水位差が生じてしまったためだそうです。

 ところで、前記事(亀島川水門と霊岸島水位観測所)で日本全国の高さの基準である標高(T.P.)や荒川水系の水位の基準であるA.P.について書きましたが、江戸川や利根川にも独自の水位の基準があり、Yedogawa Peil(Y.P.)と呼ばれています。これは境川西水門の少し下流側に明治5(1872)年に設置された量水標での水位観測の結果、定められたということです。霊岸島での水位観測が始まる前年のことです。この当時の江戸川河口における水位観測に基づき、近くの清瀧神社(堀江4-1)境内に「水準標石」が置かれ、現在は土木遺産にも認定されています。

037

(清瀧神社境内の水準標石)

022

(リンド技師記念碑)

 この測量を行ったのがオランダ人土木技師イザーク・アンネ・リンド(Isaac Anne Lindo,1848‐1941)で、その功績を讃えるため、2009年10月に境川西水門のそばに「リンド技師記念碑」が設置されました。

 なお、リンドはまず利根川河口の銚子で調査を行った後、江戸川河口の堀江に量水標を設置して清瀧神社に水準標石を置き、ここを起点に測量を続けながら江戸川を遡り、利根川との分流点である関宿から利根川を下って銚子に達したということです。

 測量の結果、利根川河口の水位を基に銚子の飯沼観音境内に置かれた「水準原標石」は霊岸島での東京湾の水位観測結果(こちらの量水標もリンドが設置)に基づいて明治24年に当時の陸軍省の敷地(現在の国会前庭)に「日本水準原点」が置かれるまで日本の高さの基準となり、「日本水位尺」(Japan Peil=J.P.)と呼ばれました。一方、堀江での水位観測の結果が江戸川や利根川水系の河川や湖沼の水位の基準であるYedogawa Peil(Y.P.)となり、現在に至っています。当時、堀江の水準標石はJ.P.+2.6151メートルと測定されたということです。

 ちなみにY.P.±0メートル=T.P.-0.8402メートルと定められています。

 また、堀江・清瀧神社の水準標石の高さはY.P.+2.2787メートル=T.P.+1.4385メートルだそうです。

|

« 亀島川水門と霊岸島水位観測所 | トップページ | 池上梅園の池 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/33649072

この記事へのトラックバック一覧です: 境川西水門と堀江水準標石:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/06 09:22) [ケノーベル エージェント]
浦安市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 09時22分

« 亀島川水門と霊岸島水位観測所 | トップページ | 池上梅園の池 »