« 新小名木川水門 | トップページ | 荒川ロックゲート »

扇橋閘門

033

034

(前扉が開き、閘室の水位は西側に合わせてある)   

所在地:江東区猿江1丁目・扇橋1丁目

 中川(今の旧中川)と隅田川を結ぶ小名木川のほぼ中間部にあるのが扇橋閘門(こうもん)です。

 隅田川と荒川、東京湾に囲まれた江東デルタ地帯は地盤沈下によって東京湾の満潮水位より地盤が低い、いわゆる「ゼロメートル地帯」になっていますが、とりわけ東部地域の沈下が激しく、最大で約4.5メートルも沈んだ地点もあります。そのため、東部地域では東京湾の満潮位どころか干潮時の最低水位(A.P.±0メートル)よりさらに低い土地もあります。これらの土地は絶えず水害の危険にさらされているわけですが、江東デルタの外郭を高い堤防や防潮水門で囲むだけでなく、デルタ内の河川のうち東側を流れる部分については人工的に水位をA.P.-1メートルまで下げる措置をとっています。小名木川についても西側は隅田川を通じて潮の干満の影響を受け、水位はA.P.0メートル~A.P.+2.1メートルの間で変化しますが、東側は常にA.P.-1メートルで一定しています。東西で最大3.1メートルの水位差が生じることになり、この両区間を隔てている水門が扇橋閘門なわけですが、この水位差を維持するためには水門を開けることができなくなり、したがって船の通航も不能になってしまいます。そこで、水門を二重にして、二つの水門の間の水路(閘室)の水位を調整することで、水位の異なる両区間の間を船が往来できるようにしています。いわば船のエレベーターみたいなものですね。水位調整はバイパス管を通じて水を出し入れすることで行っています。

 扇橋閘門は長さ90メートル以下、幅員8メートル以下の船が8時45分から16時30分まで無料で通航できますが、日曜・祝日と年末年始はお休みです。

 こちらで扇橋閘門の仕組みをGIFアニメで見ることができます。

123020

123021

(前扉が閉じていて、両区間の水位差がよく分かる)

|

« 新小名木川水門 | トップページ | 荒川ロックゲート »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/33935615

この記事へのトラックバック一覧です: 扇橋閘門:

« 新小名木川水門 | トップページ | 荒川ロックゲート »