« 岩淵水門 | トップページ | 扇橋閘門 »

新小名木川水門

035

037

所在地:江東区清澄2丁目・常盤1丁目

  小名木川は徳川家康が1590年に江戸に入るとすぐ小名木四郎兵衛に開削させた人工の運河で中川(今の旧中川)と隅田川を結んでいます。当初は下総の行徳で生産された塩を江戸に運ぶのが主要な目的でしたが、その後、東北方面からの物資の輸送ルートとしても重要な役割を果たしました。房総の犬吠埼沖や野島崎沖は海の難所として知られたため、北国と江戸を結ぶ水運は銚子から利根川を遡り、内陸経由で江戸湾(東京湾)に到達するのが主要ルートとなり、多くの船が小名木川を行き交うようになったわけです。そのため、当初は小名木川と隅田川の接続点に船番所が置かれましたが、のちに中川側に移されました。

 今も全区間が水路として残された小名木川と隅田川の接続点に昭和36年に設置された径間11メートル×3連の防潮水門が新小名木川水門で、流域の街を高潮や津波の被害から守るのが役目です。

014

020 

031

(小名木川と隅田川の合流点。向こうに見えるのは清州橋)

032

(小名木川に架かる萬年橋。その向こうに水門がある)

 南米チリの大地震の影響で日本列島にも津波警報が発令された2010年2月28日、新小名木川水門もただちに閉鎖されました。

011

013

(津波警報で閉鎖された新小名木川水門 2010.2.28)

|

« 岩淵水門 | トップページ | 扇橋閘門 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/33927863

この記事へのトラックバック一覧です: 新小名木川水門:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/03/26 08:59) [ケノーベル エージェント]
江東区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 09時01分

« 岩淵水門 | トップページ | 扇橋閘門 »