« 日の出水門 | トップページ | 本郷給水所公苑の池 »

高橋是清記念公園の池

041

043 

所在地:港区赤坂7-3

 高橋是清(1854‐1936)は大正から昭和初期にかけて日銀総裁、蔵相、首相などを歴任し、岡田啓介内閣の大蔵大臣だった昭和11(1936)年2月26日、いわゆる二・二六事件で殺害された人物で、その事件の現場ともなった邸宅跡が当時の東京市に寄贈され、昭和16年に高橋是清翁記念公園として公開されました。昭和50年に都から港区に移管され、現在も都会のオアシスとなっています。

 公園は青山通り沿いにあり、道路の拡幅で面積はいくらか縮小しましたが、和風庭園はほぼそのまま残り、さまざまな樹木が生い茂る中に石灯籠や石像、池などが配され、高橋是清翁の銅像も立っています。

 戦時中の空襲により、残された建物が焼失しましたが、母屋は当時、故人の眠る多磨霊園に移築されており、戦災を免れ、現在は小金井公園の「江戸東京たてもの園」に移されています。

|

« 日の出水門 | トップページ | 本郷給水所公苑の池 »

港区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/33539201

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋是清記念公園の池:

« 日の出水門 | トップページ | 本郷給水所公苑の池 »