« 東品川海上公園の池 | トップページ | 天王洲水門 »

目黒川水門

080

078 

所在地:品川区東品川1・3丁目(天王洲運河)

 東京の池の紹介件数が250を突破し、まだまだネタ切れというわけではないのですが、下町方面の池を探索していると、以前から気になる存在だった水門をあちこちで見かけ、そのたびにじっくり観察し、写真を撮っていたのがだいぶたまってきたので、今後どんどん紹介していくことにしました。そのため、ブログタイトルも「行け! いけ! 探訪!! 東京の池と水門」に改めさせていただきました。池に関しては今のところ23区限定なのですが、水門に関しては23区に限らず取り上げるつもりです。あしからず。

 ということで、第一号は前記事の東品川海上公園から見える目黒川水門です。目黒川河口に接続する天王洲運河に設置された水門です。高潮や津波に備えた防潮水門で、通常は開いていますが、台風などで高潮の危険がある時や地震の発生時にただちに閉鎖され、水害の発生を防ぎます。

 それまで赤く塗られていた扉は塗り直しに際して図柄を一般公募して、表には「しながわ鯨」、裏側には「海のともだち」という作品が描かれ、2008年に完成しました。港湾局の水門のゲートには絵入りのものが多いようです。

075

|

« 東品川海上公園の池 | トップページ | 天王洲水門 »

水門めぐり」カテゴリの記事

コメント

今日天王洲アイル駅経由で流通センターに行く用があり、数十年振りにあの辺りを近くで見て中学生の時の友人のお父さんが水門の上の家に水道局員として水門番をされていて運河の上?にあった家に遊びに行った事を思い出して検索してみましたらこちらのブログに出会いました ありがとうございました。
ハッキリとどの水門なのかわからないのですが雨の日や風の強い日は遊びに行っても怖かったので思い出に残っています。
品川埠頭で高校生の時はマラソン大会もやり野犬が出てきてこれも怖かったー。品川はやっぱり私のふるさとです

投稿: 稲城むら子 | 2016年5月19日 (木) 20時34分

稲城むら子さま
貴重なコメントありがとうございます。
今は水門は基本的に無人化されていますが、かつては灯台と同じように番人が駐在していたのですね。
水門を眺めながら、あの水門の上の部屋に暮らしてみたい、などと冗談交じりに考えたりすることはありますが、実際に高潮や津波などで水門を閉鎖するような事態になれば不安だろうなぁ、とも思います。
東京湾岸の埋立地に野犬がいたという話は以前、本で読んだことがあります。

投稿: peepooblue | 2016年5月19日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/33447826

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒川水門:

« 東品川海上公園の池 | トップページ | 天王洲水門 »