« 大雲寺の池 | トップページ | 中央区立桜川屋上公園の池 »

一之江名主屋敷の池

027

所在地:江戸川区春江町2-21-20

 大雲寺からさらに北へ行くと、「一之江名主屋敷」があります。

 東京都及び江戸川区の史跡に指定された「一之江名主屋敷」は江戸時代を通じてこの土地の名主を世襲した田島家の居宅です。もとは堀田氏といい、豊臣家の家臣でしたが、関ヶ原の戦いに敗れた後、一族郎党を引き連れて関東に逃れ、姓を田島に改めて当地に定着し、新田を開発して、代々名主を務めたということです。

 現存する曲がり屋風の建物は安永年間(1772-80)に再建されたもので、周囲に濠をめぐらし、屋敷林、畑、庭園、屋敷神(稲荷社)をそなえています。

 庭園は江戸末期から明治にかけてしだいに整えられたと考えられ、平成11年の景観整備に際して、築山と滝石組はそのまま保存し、州浜も復元されています。また、ここに湧水があったという伝承から池泉観賞式庭園として整備され、池には鯉が泳いでいます。

025

 また、敷地の西側には濠の名残らしい水面が小川のように残っています(下写真)。

020

 見学には維持協力金100円が必要です(中学生以下無料)。

|

« 大雲寺の池 | トップページ | 中央区立桜川屋上公園の池 »

江戸川区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/32977192

この記事へのトラックバック一覧です: 一之江名主屋敷の池:

« 大雲寺の池 | トップページ | 中央区立桜川屋上公園の池 »