« 妙音寺の池 | トップページ | 一之江ひだまり公園のビオトープ池 »

申孝園の池

028

所在地:江戸川区一之江6-19

 都営新宿線の一之江駅の北西に国柱会の申孝園があり、その中に池があります。

 「国柱会」は日蓮宗僧侶だった田中智学が還俗して明治17年に創立した在家仏教の新教団「立正安国会」を前身として、大正3年に新たに組織した宗教団体です。国柱会とは日蓮の三大誓願のひとつ、「われ日本の柱とならん」から命名されました。その本部があるのが申孝園で、昭和3年に田中智学により造営され、その名称は神武天皇の「天神をまつりもって大孝を申(の)べん」にちなむそうです。

 敷地内には昭和3年に世界で初めて一塔合安式のお墓として建立された「妙宗大霊廟」があり、周囲を鯉の泳ぐ池が取り巻いています。訪問時は時季外れでしたが、この池には大賀一郎博士が東大検見川農場で約2千年前のタネを発掘し発芽させた「大賀蓮」から分根された蓮が植えられています。

031 

 敷地内にはほかにも池があります。

026

033

 申孝園の北から西側にかけて昔の一之江境川の流れを復元した一之江境川親水公園があり、かつての都電の鉄橋なども保存されています。

025

029

(水路の一部はシャワー付きのジャブジャブ池になっている)

|

« 妙音寺の池 | トップページ | 一之江ひだまり公園のビオトープ池 »

江戸川区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/32534028

この記事へのトラックバック一覧です: 申孝園の池:

« 妙音寺の池 | トップページ | 一之江ひだまり公園のビオトープ池 »