« 抜弁天・厳島神社の池 | トップページ | 粟島神社の弁天池 »

根津美術館の池

011

007   

所在地:港区南青山6-5-1

 3年半の休館を経て2009年10月7日にリニューアル・オープンした根津美術館は東武鉄道などを経営し、衆議院議員も務めた実業家・根津嘉一郎氏(初代、1860-1940)の遺志によって、その邸宅跡に1941年に開館した私立美術館です。

 そのコレクションは国宝7件、重要文化財87件、重要美術品96件を含む日本・東洋の古美術品で、約7,000点にも及ぶ大変充実したものです。

 そして、この美術館のもうひとつの見どころが、その庭園です。谷戸地形を取り込んだ起伏に富む園内は深山幽谷の趣があり、湧水による細長い池が連なっています。鯉が泳ぎ、カルガモが遊ぶ池の周囲にはとりわけ楓が多く、秋には大変美しい紅葉が楽しめることでしょう。もちろん、春には梅や桜、初夏にはカキツバタなど、季節ごとにさまざまな植物が庭を彩ります。

003

010

012

 また、点在する茶室や石灯籠、石仏、道標、石塔などもそれぞれに庭園に風趣を添えています。

 世田谷区の国分寺崖線を生かした五島美術館の庭園と共通するところもありますが、南青山の地にこれほどの庭園があるとは予想以上でした。なにより、今も湧き水が健在なのはとても貴重なことです。

 

|

« 抜弁天・厳島神社の池 | トップページ | 粟島神社の弁天池 »

港区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/31914586

この記事へのトラックバック一覧です: 根津美術館の池:

« 抜弁天・厳島神社の池 | トップページ | 粟島神社の弁天池 »