« 御手洗不動旧跡の御手洗池 | トップページ | 富久さくら公園のビオトープ »

成宗弁財天の弁天池(?)

030

所在地:杉並区成田東5-29

 東京メトロ丸の内線・南阿佐ヶ谷駅の南西500メートルほどの地点、都立杉並高校の前に須賀神社と並んで鎮座しているのが成宗五色弁財天です。

 善福寺川沿いの低地に面した台地斜面に立地する当社は旧成宗村が開かれた頃、水神様の御加護を祈願して当地の湧水池のほとりに祠を建てたのが始まりといいます。御神体は相模国・江ノ島弁財天の洞窟で焚いた護摩の灰を煉り固めて作ったという伝承を持つ素焼きの板に浮き彫りにした曼荼羅像で、作られたのは鎌倉時代とも言われています。

 当社はその後もこの地域の水信仰の中心として雨乞いの神事が行われたり、富士講・榛名講・大山講などの人々が旅立ちに際して弁天池の湧水で禊を行って心身を清めたりしてきました。

 また、水不足に悩んでいた桃園川沿いの中野・高円寺・馬橋の三カ村が善福寺川から引水するため、天保11(1840)年に開削した新堀用水の中継池としても利用されました。

 これは現在の善福寺川・大谷戸橋(旧田端村)付近の広場堰から分水した水をこの弁天池に引き入れ、水位を上げて、北方を流れる桃園川に流すというものです。善福寺川と弁天池の間には台地があったので、ここは地下水路を掘って水を通し、弁天池から先にも善福寺川と桃園川の分水界の尾根(青梅街道が通っている)があるため、やはり地下4メートルほどのトンネルを掘って水を流すという江戸時代としては相当高度な土木工事によって開削されました。善福寺川~弁天池間の最初の水路は大雨やカワウソの掘った巣穴のせいで漏水が激しかったので、翌年、別ルートのトンネルを掘り直してもいます。

 個人的な話をすると、母の実家が昔、阿佐ヶ谷南1丁目(旧・馬橋)にあり、近くに滑り台などの設置された遊歩道があったのですが、これが新堀用水跡だったということを最近知りました。

 さて、この用水工事に際して、成宗弁天池は掘り下げられ、面積も300坪ほどに拡張され、その残土を利用して富士塚(成宗富士)が築かれました。

 と、ここまで書くと、まるで現在も立派な池があるみたいですが、池の周辺の土地はその後、住友銀行の所有となり、池も40坪ほどの面積になってしまいました。さらに土地が銀行から売却され、新たにマンションが建設された時点で池は完全に埋め立てられ、消滅してしまったようです。

 富士塚はそれより早く大正7年には崩されてしまったということです。

 ということで、現在の成宗弁財天はとても小さな敷地にあるのですが、その狭い境内に成宗富士の面影を伝える大日如来像・浅間神社・惣同行の碑・手水鉢などが残っています。

028

(側面が焼け焦げた浅間神社・石橋の名残・大日如来。金網の下に池?)

 弁天社の社殿は近年、不審火で焼失してしまい、新たに再建されたもので、浅間神社の祠の側面も真っ黒に焼け焦げています。

 境内にはほかに中野・高円寺・馬橋の三ヵ村の用水路記念碑(下写真)やかつて水路にかかっていた石橋、三体の地蔵尊などの文化遺産もあり、意外に見どころは多いです。

031

(用水路記念日)

 で、池はまったくないのか、というと、境内にまったく味気ないものではありますが、小さな水路と池が作られており、金魚が飼われています。

022

(池には金網が掛けてあるので、持ち上げて撮影)

|

« 御手洗不動旧跡の御手洗池 | トップページ | 富久さくら公園のビオトープ »

杉並区の池」カテゴリの記事

コメント

滝王子稲荷でコメントした者です。
よく調べていますね。感心します。

7年前までは天沼に、
2年前までは荻窪五丁目に住んでいました。
天沼弁財天、読書の森公園、和田堀公園など、
これらは僕にとっても”激熱な池”です(笑)

成宗というと、
成宗湯というお風呂屋さんがあったことや、
現在の屋倉橋近くに成宗氏という武士が
矢倉を築いていたことは知っていましたが、
それ以上に詳しい事は知らなかったので、
今回のこの記事はたいへん勉強になりました。

善福寺川沿いは、縄文弥生時代の住居跡などもあり、
歴史を調べる甲斐がある地域ですね。

投稿: IQD | 2009年10月14日 (水) 00時02分

コメント、ありがとうございます。
読書の森公園の、図書館と一体化して借りた本をのんびり読める公園というコンセプトは画期的ですね。
善福寺川も都内の川としては際立って水がきれいですし、散策していて楽しいところです。一部川沿いの歩道があまりに狭すぎるのが難点ですが…。
矢倉橋付近の蛇行する善福寺川に囲まれた台地の下にトンネルが掘られていたそうで、その先は杉並区役所の下あたりを通っていたという話です。恐らく現在も人知れず地下にトンネルが眠っているのかもしれません。江戸時代には杉並にもカワウソがいたんですね。

投稿: peepooblue | 2009年10月14日 (水) 22時24分

矢倉橋→屋倉橋でした。間違えました。

投稿: peepooblue | 2009年10月14日 (水) 22時27分

地下トンネルについては下記のサイトに詳しいですね。

http://www.kasetatsuya.com/norivernolife/noriver_nolife_05_05.html

この方も素晴らしい調査力です。

投稿: IQD | 2009年10月15日 (木) 00時14分

↑すごいサイトですね。
航空写真がけっこう感動的です。弁天池がしっかり写っていますね。今はマンションが建っている場所です。

投稿: peepooblue | 2009年10月15日 (木) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/31765369

この記事へのトラックバック一覧です: 成宗弁財天の弁天池(?):

« 御手洗不動旧跡の御手洗池 | トップページ | 富久さくら公園のビオトープ »