« 多摩川台公園・水生植物園の池 | トップページ | 大井・原の水神池 »

池上本門寺・松濤園の池

006

所在地:大田区池上1丁目

 池上の本門寺は日蓮上人入滅の霊蹟として知られる日蓮宗の大寺院で、正式名を長栄山大国院本門寺といいます。

 日蓮は弘安5(1282)年、身延山を下り、常陸国に湯治に向かう途上、池上の郷主・池上宗仲の館に滞在し、この地において同年10月13日に61歳で世を去りました。宗仲は生前に日蓮が創建した本門寺に「法華経」の文字数と同じ69,384坪の土地を寄進し、寺は大いに発展し、その後も日蓮宗の大本山として信仰を集め、現在に至っています。

019

(高台上にある本門寺には加藤清正寄進の石段を登る)

001

(本門寺境内)

 広大な寺域の中心部は急な斜面に囲まれた台地上にあり、その北部に江戸初期に小堀遠州によって作られた庭園・松濤園があります。元来、住職の住まいである本坊の奥庭だったことから通常は非公開ですが、毎年9月上旬に1週間だけ一般公開され、散策することができます。

016

014

 この庭園は起伏に富んだ地形を生かした回遊式池泉庭園で、周囲を丘に囲まれ、都会の喧騒からも隔絶されているため、時代劇の撮影でもたびたび使われているということです。

 また、1868年に江戸城の無血開城を取り決めた西郷隆盛と勝海舟による有名な会談の場所としても知られています。これは当時、江戸に進軍してきた新政府軍が本門寺に本陣を置いていたためで、会談が行われた池畔の四阿は現存しませんが、石碑が立っています。

 鯉が泳ぐ池の水源は地下水の汲み上げと思われますが、池畔には巨大な石灯籠なども配され、滝や渓流などもつくられています。ただ、訪問時には滝の水は止まっていました。

 012

013

(庭園には茶室もある)

  

|

« 多摩川台公園・水生植物園の池 | トップページ | 大井・原の水神池 »

大田区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/31437146

この記事へのトラックバック一覧です: 池上本門寺・松濤園の池:

« 多摩川台公園・水生植物園の池 | トップページ | 大井・原の水神池 »