« 元麻布3丁目緑地の宮村池 | トップページ | 桜丘すみれば自然庭園の「あさざ池」 »

名主の滝公園の池

032

036

所在地:北区岸町1丁目

 京浜東北線の王子駅と東十条駅の中間あたりの南西側に位置するのが名主の滝公園。このあたりは台地の崖線沿いに位置し、昔から湧水が豊富な土地で、近くを流れる石神井川はいくつもの滝がかかる渓谷をなし、江戸近郊の景勝地として知られていました。その中で地元の名主・畑野家が屋敷内に湧水を利用した滝をつくり、人々に開放したのが名主の滝公園の始まりです。
 正門から園内に入ると、すぐに井桁から湧き出た水が池を作り、そこから水が流れ出ています(上写真)。

 その奥にはもうひとつの水源、落差8メートルの男滝(下写真)。なかなか立派な滝です。

034

(男滝)

030

(渓流)

 そこから鬱蒼とした樹林の中、深山幽谷を思わせる渓流に沿って散策路をたどると、湧玉の滝、独鈷の滝、女滝とそれぞれに風情の異なる4つの滝があり、最後に流れは池に注いでいます。滝はいずれも揚水によるものですが、江戸時代の景勝地の面影を今に伝える貴重な存在と言えます。

 ただ、僕が訪れた時は湧玉の滝、独鈷の滝は水がほとんど止まっていました。

028

(女滝)

024

(四つの滝の水は渓流を通じてこの池に流れ込む)

|

« 元麻布3丁目緑地の宮村池 | トップページ | 桜丘すみれば自然庭園の「あさざ池」 »

北区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30881326

この記事へのトラックバック一覧です: 名主の滝公園の池:

« 元麻布3丁目緑地の宮村池 | トップページ | 桜丘すみれば自然庭園の「あさざ池」 »