« 水元公園その5 バードサンクチュアリ | トップページ | 水元公園その7 内溜 »

水元公園その6 小合溜(中央部)

050

所在地:葛飾区水元公園

 バードサンクチュアリを過ぎると、ラクウショウやハンノキの林を抜け、メタセコイアの森となります。メタセコイアは落葉性の針葉樹で、初め化石が見つかり、1945年になって中国で自生しているのが発見されて「生きた化石」として有名になりました。水元公園には昭和46~47年に約1,800本が植えられています。このメタセコイアの森は水元公園の中でも最も美しい樹林のひとつでしょう。

037

(ラクウショウとハンノキの林)

041

(メタセコイアの森は夏でも涼しく、最高の昼寝スポット)

032

(冬のメタセコイアの森)

042

(記念広場)

 そして、左に再び小合溜が見えてくると、記念広場です。ここから眺める小合溜は幅も広がって、水生植物が生い茂っていた西北部とはまるで雰囲気が異なり、美しい湖水を思わせます。対岸は埼玉県営みさと公園となり、まるでヨーロッパの公園のような眺めでもあります。

044

047

052 

 記念広場を過ぎると、右手も湿地となり、散策用の木道が整備されています(下写真)。アシやマコモ、ヒメガマなどが茂り、水辺にはミソハギなどが咲きます。初夏にはオオヨシキリが「ギョギョシ、ギョギョシ」と盛んにさえずることでしょう。

049

046

 冬場には小合溜にカモ類やカモメなどたくさんの渡り鳥がやってきて、緑の季節とは違った楽しみがあります。 

028

(冬の小合溜)

023

(ヒドリガモ♂)

030

(コサギ)

003

(夏羽のユリカモメ)

|

« 水元公園その5 バードサンクチュアリ | トップページ | 水元公園その7 内溜 »

葛飾区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/31155101

この記事へのトラックバック一覧です: 水元公園その6 小合溜(中央部):

« 水元公園その5 バードサンクチュアリ | トップページ | 水元公園その7 内溜 »