« せせらぎの里公苑の池 | トップページ | 水元公園その1 閘門橋 »

血洗いの池

011

(目白駅に面した学習院西門)

002

所在地:豊島区目白1丁目

 学習院の目白校地内にあるのが血洗いの池です。

 JR目白駅そばにある西門の受付で申し出て、氏名等を記入し、見学者カードを受け取れば、部外者でも見学できます(キャンパス内にはほかにも文化財に登録された歴史的建造物がいろいろあります)。

 キャンパスは目白台と南方を流れる神田川の低地にまたがっており、池は南西部の窪地にあります。巨木が鬱蒼と生い茂る、学内でもとりわけ自然の残る一角です。

 池には木橋が架かり、池畔をめぐる散策路にはかなり古い木製のベンチが各所に設置されていますが、僕が訪れたのは夏休み期間中だったため、まったく人影はなく、蝉時雨だけが賑やかでした。水はさほどきれいではないですが、鯉が泳ぎ、一部にハスが植えられています。岸辺にはアジサイやツツジなどの花木も植えられ、ヤブランがたくさん咲いていました。

 ところで、血洗いの池という物騒な名前。赤穂浪士の一人、堀部安兵衛が高田馬場の決闘で叔父の仇を討った際、刀についた血をこの池で洗い流したことに由来する・・・と言われていますが、これは大正時代に学習院高等科の文学青年たちが創作した話で、それが先輩から後輩へと受け継がれ、いつしか池の名前に定着したということです。

 もとは湧水でできた池で、江戸時代には灌漑用の溜池として利用され、水門があったということです。

 池の南東端が湧出点だったと思われ、付近の斜面からは今もちょろちょろと水が湧き出ているのが見られましたが、恒常的な湧水なのかどうかはわかりません。

 また、池の南端付近(血洗いの池の説明板があるあたり)に水の排出口がありますが、ここが昔の水門の跡なのでしょうか。

010

007

(画面奥が湧水源らしい)

005

(このあたりに湧水源があった?)

004

(湧水)

009

(水門跡?)

|

« せせらぎの里公苑の池 | トップページ | 水元公園その1 閘門橋 »

豊島区の池」カテゴリの記事

コメント

血洗いの池、池の名前は45年経った今
初めて知りました。
小学生の頃、夏になると毎日のように、池の横にある
鉄条網の付いた高い塀を乗り越えて、友達と魚や
ザリガニを捕りに行った所です。
今とは違って池の真ん中に橋など無く、周りにも
建物も無く、自然の中に池だけがポツンある状態
でした。
たま~に警備のおじさんが現れると、急いで皆なで
逃げたものでした。
くち細(魚の名)やザリガニが当時は沢山捕れた
小学生の頃の一番の思い出の場所です。

投稿: 思い出の池 | 2010年12月 4日 (土) 14時32分

思い出の池様
コメント、ありがとうございます。
子どもの頃、このような場所に忍び込んで魚やザリガニを捕った、というような思い出はきっと多くの人がお持ちなのでしょうね。そして、都会では思い出の池が埋め立てられてしまったり、警備が厳重になって入りづらくなったり、というパターンが多いのだろうと思います。特に最近の学校は昨今の社会情勢により部外者には立ち入りがたい場所になってしまいましたね。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: peepooblue | 2010年12月 4日 (土) 21時21分

東京池めぐり 懐かしい想いで毎夕見ています。
私なりに苦闘?した青年の日々、心の葛藤を
癒してくれたのが、都内の池達でした。
石神井池、血洗いの池 等々ワイン片手に、ブログで
拝見させて戴くたびに、思い出一つ一つが甦ってきます。
素晴らしいブログ有難うございます。
京都ikeikeより

投稿: 京都ikeike | 2011年10月 2日 (日) 23時50分

京都ikeike様
うれしいお言葉、どうもありがとうございます。
まだまだネタはありそうですので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: peepooblue | 2011年10月 3日 (月) 21時41分

1966年4月大学入学の日、観世会部に入部、部室の裏手のこの池の畔で先輩にしごかれ、声を潰したこと数回、ようやく謡の声が出るようになった。
この池は高校生の時、院内を周回するマラソンコースでもあった。
懐かしい池です、だいぶ整備されて昔の野趣あふれた池の面影は薄れていますが、いい雰囲気です。東京の山手線の内側にあるとは思えない環境です。ず~っと残してほしいですね。

投稿: 学習院ボーイ | 2016年4月13日 (水) 17時08分

学習院ボーイ様
貴重な思い出話をありがとうございます。
学習院の関係者の方々にとってはなじみ深い池だと思いますが、学外の人間にとっては大都会の中の秘境のような存在にも感じられます。
池を取り巻く緑豊かな環境とともにいつまでも大切に残してほしいですね。

投稿: peepooblue | 2016年4月14日 (木) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/31015521

この記事へのトラックバック一覧です: 血洗いの池:

« せせらぎの里公苑の池 | トップページ | 水元公園その1 閘門橋 »