« 血洗いの池 | トップページ | 水元公園その2 水元かわせみの里 »

水元公園その1 閘門橋

029

(冬の小合溜)

所在地:葛飾区西水元6丁目・水元公園

 水元公園は東京都の北東端にある水郷地帯に開設された都立公園です。東京の下町を北から南へ流れる二つの大河、中川と江戸川の間に逆S字カーヴを描きながら横たわる「小合溜」(こあいだめ)に沿って続く広大な緑地の面積は東京23区内の公園としては最大規模の86.2ヘクタール(2008年8月現在)にも及び、豊かな緑と水を一日かけてたっぷり楽しみたいところです。

 公園内にはたくさんの池が点在しており、それぞれに違った表情を見せてくれるので、北西端から順に辿ってみることにしましょう。

 そもそも、小合溜(小合溜井)は8代将軍・徳川吉宗の治世下、享保14(1729)年に治水事業の一環として古利根川(現・中川)の旧流路を利用して開かれた遊水池で、古利根川の増水時に水を引き込み、下流部の洪水を防ぐ機能を持っていました。また、灌漑用溜池としての役目も持っていました。

 また、この時に小合溜の南縁に沿って築かれた土手が現存し、「桜土手」「桜堤」などと呼ばれて、今も桜の名所になっています。

 さて、金町駅から戸ヶ崎操車場行きのバスに乗って大場川停留所で下車。少し戻ると、レンガ造りの橋があります。これが「閘門(こうもん)橋」。下を流れるのが中川の支流・大場川で、かつてはすぐ西側で中川に合流していたようですが、中川の流路が変更されて、現在は直線距離で1キロ余り西方に合流点があります。

 橋の傍らに東京都が設置した説明板があるので、まずはそれを見てみましょう。

 閘門橋は、レンガ造アーチ橋としては、東京に現存する唯一の貴重な橋です。
 橋名の閘門というのは、水位・水流・水量等の調節用の堰のことをいいます。
 江戸時代(宝永年間)この辺りは古利根川(現在の中川)、小合川(現在の大場川、小合溜)が入り込んだ、複雑な地形を有しており古利根川の氾濫地域でありました。この古利根川と小合川の逆流を防ぎ、水田の水源確保のため、さらに岩槻街道の流通路として閘門と橋が造られたと言われております。
 現在の橋は、明治四十三年、弐郷半領用悪水路普通水利組合によって、「弐郷半領猿又閘門」としてレンガ造アーチ橋が造られました。
 その後、本橋は新大場川水門の完成により閘門としての役割を終え、また隣接する葛三橋に車道を譲り、歩行者・自転車道に移り変わりました
 この改修に当たって、レンガのアーチ部分は原形のままとし、橋面上の修景に留めました。アーチの橋脚部のブロンズ像は、荒れ狂う風雨と必死に闘いながら閘門の堰板を差込んでいる姿です。
 閘門橋は、こうした人々の水との生活史を今に伝えるものです。

 平成二年三月   東京都

 この説明板によれば橋の完成は明治43(1910)年ということですが、橋の上流側壁面には「明治四拾弐年四月竣功」と刻まれています。

 また、下流側壁面には「弐郷半領猿又閘門」の文字が刻まれていて、これがこの閘門の正式名称です。弐郷半領とは現在の三郷市一帯を指し、猿又(さるがまた)はこの橋の付近の古い地名です。

 ちなみに橋のすぐ北側が東京都と埼玉県の境界です。

 中川は東京の下町でもとりわけ低い土地を激しく蛇行しながら流れる河川で、昔から氾濫を繰り返してきました。そして、ここから河口までの標高差があまりないため、この付近でも東京湾の潮の干満の影響を受けて水位が変化し、逆流した海水が灌漑用溜池である小合溜に流入しないように防ぐのもこの閘門の重要な役割だったと思われます。

 現在は中川の大場川合流点より少し上流にその名も「潮止橋」という橋が架かっており、大場川河口部には川なのに「大場川マリーナ」という名の船の係留施設まであります。

006

(上流側。橋の両側でアーチの数が違います)

004

(下流側。2体のブロンズ像あり)

 005

(橋から大場川上流を眺める。右から小合溜の水が合流)

 閘門橋のすぐ上流で大場川に小合溜の水が合流しています。大場川は潮の干満がある感潮河川ですが、小合溜は潮の影響を遮断しているので、水位は一定です。では、橋の南側にある入口から水元公園に入っていきましょう。

039

(水元公園内から閘門橋を見る) 

(水元公園その2に続く)

 

|

« 血洗いの池 | トップページ | 水元公園その2 水元かわせみの里 »

葛飾区の池」カテゴリの記事

コメント

閘門橋を調べていて訪問させていただきました。
良いブログですね。これからも、読ませて頂きます。
私も先月からブログはじました。
仲良くして頂ければと思います。宜しくお願いします。

投稿: naka | 2012年5月10日 (木) 10時29分

nakaさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
ブログを拝見させていただきました。パノラマ写真がすごいですね。これからも楽しみにさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: peepooblue | 2012年5月10日 (木) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/31086222

この記事へのトラックバック一覧です: 水元公園その1 閘門橋:

« 血洗いの池 | トップページ | 水元公園その2 水元かわせみの里 »