« 本門寺公園の弁天池 | トップページ | 浅草寺伝法院の池 »

西新井大師の御手洗池・心字池

014

所在地:足立区西新井1丁目

 西新井大師は正式には五智山遍照院総持寺という真言宗豊山派の寺院です。平安初期に弘法大師・空海が開いたと伝えられる古刹で、古くから多くの信仰を集め、現在もお参りする人が絶えません。そもそも西新井の地名の由来はこの土地の人々が干ばつで苦しんでいたところへ空海が訪れ、その霊力で新たな泉が湧き出し、それが寺の西方にあたったことによるといいます。新旧のお堂が並ぶ広い境内には今も池が2つあります。
 ひとつは仁王門をくぐって、右手にあり、「御手洗池」と呼ばれています。池のほとりには鐘楼が建ち、藤棚がつくられています。

013
 もうひとつは本堂の左側にある「心字池」で、小さな滝がつくられ、池畔に稚児大師像が立ち、中の島に弁財天が祀られています。

012

|

« 本門寺公園の弁天池 | トップページ | 浅草寺伝法院の池 »

足立区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30714772

この記事へのトラックバック一覧です: 西新井大師の御手洗池・心字池:

« 本門寺公園の弁天池 | トップページ | 浅草寺伝法院の池 »