« 檜町公園の池 | トップページ | 大泉井頭公園 »

菅刈公園の池

P1010607

所在地:目黒区青葉台2丁目

 このあたりは江戸時代には豊後の岡藩(現在の大分県竹田市)の藩主・中川家の抱え屋敷(別邸)があった所で、滝や池のある回遊式庭園として知られていました。その後、明治時代になると西郷隆盛の弟で政治家・軍人の西郷従道の所有となり、フランス人レスカスの設計による木造2階建ての洋館や書院造りの和館が建てられ、庭園も大改造され、東都一の名園といわれたそうです。明治22年には明治天皇の行幸も行われています。
 しかし、昭和18年に旧国鉄に売却され、池も埋め立てられ、職員住宅などになっていましたが、平成9年に公園化に際して発掘調査をしたところ、庭園の石組みなどが良好な状態で保存されていることが判明し、平成13年に開園した菅刈公園内に庭園の一部が復原されました。なお、洋館は愛知県犬山市の明治村に移築され、国の重要文化財に指定されています。

|

« 檜町公園の池 | トップページ | 大泉井頭公園 »

目黒区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30660841

この記事へのトラックバック一覧です: 菅刈公園の池:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
竹田市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 09時25分

« 檜町公園の池 | トップページ | 大泉井頭公園 »