« 赤羽自然観察公園の湧水と水鳥の池 | トップページ | 八の釜憩いの森の湧水 »

富岡八幡宮の弁天池

008

所在地:江東区富岡1丁目

 富岡八幡宮(祭神・誉田別命=ほんだわけのみこと)は寛永4(1627)年に隅田川河口の砂州・永代島を埋め立てて創建され、江戸最大の八幡様として信仰を集めてきました。そもそも八幡神は源氏の氏神であり、源氏の系譜に連なる(とされる)徳川将軍家からも手厚い保護を受け、勧進相撲発祥の地としても知られています。そのため境内には「横綱力士碑」など相撲関連の見どころが多く、新横綱誕生時には土俵入りが奉納され、力士碑にその名が刻まれます。
 さて、その八幡宮境内の東寄りに弁天池があります。鯉が泳ぎまわる池の中の島には赤い橋がかかり、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祀る七渡(ななわたり)神社があります。この社は富岡八幡宮創建以前より祀られていたといい、「七渡弁天さま」として信仰されていたそうです。また、ここには粟島神社(祭神・少彦名命=すくなひこなのみこと)が合祀され、女性の守り神として崇められ、毎年2月8日には針供養が行われます。

|

« 赤羽自然観察公園の湧水と水鳥の池 | トップページ | 八の釜憩いの森の湧水 »

江東区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30726946

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡八幡宮の弁天池:

« 赤羽自然観察公園の湧水と水鳥の池 | トップページ | 八の釜憩いの森の湧水 »