« 富士見池 | トップページ | 小石川植物園の池 »

天沼弁天池公園の池

P5121095

所在地:杉並区天沼3丁目

 杉並区の天沼から清水にかけての一帯はかつて湧水の多い土地で、その中に天沼弁天池という直径35メートルほどの円形の湧水池があり、中の島に弁財天が祀られていました。この池は桃園川の水源のひとつで、大正時代までは付近の農業用水として利用されていたそうです。戦後は「池畔亭」という料亭があったりもしましたが、周辺の都市化によって湧水は枯渇し、池は荒れてしまいました。1970年半ばに敷地は西武鉄道に売却され、社員研修施設とされ、この頃、池は埋め立てられ、敷地内の別の場所に新しく日本庭園風の池が造られたということです。
 この敷地を杉並区が公園化したものが天沼弁天池公園で、2007年4月7日にオープンしました。クスノキが多い園内には杉並区の郷土博物館分館と防災用の備蓄倉庫も設置されています。
 さて、池ですが、西武時代の池がほぼそのまま残されています。水源は井戸水の汲み上げで、小さな滝もあり、飛び石や石橋のある回遊式になっていますが、開園1ヵ月後に僕が訪れた時は足場が悪いとのことで園路は再整備中でした。池畔にはモミジや松、ツツジなどが植えられています。

|

« 富士見池 | トップページ | 小石川植物園の池 »

杉並区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30641297

この記事へのトラックバック一覧です: 天沼弁天池公園の池:

« 富士見池 | トップページ | 小石川植物園の池 »