« 江戸川公園の池 | トップページ | 関口芭蕉庵の瓢箪池 »

椿山荘庭園の池

019

(椿山荘の幽翠池)

所在地:文京区関口2丁目

 地下鉄有楽町線の江戸川橋駅から神田川沿いに西へ行くと、湧水のある江戸川公園を経て、結婚式場・宴会場として有名な椿山荘の冠木門の前に出ます。
 椿山荘の敷地は古くは上総久留里藩主・黒田家の下屋敷で、明治維新後は山県有朋の別荘となり、椿山荘の名も付近に椿がたくさんあったことから山県が付けたそうです。目白台の傾斜地の自然地形を生かした庭園は明治30年頃に造られたもので、その後、大正時代に藤田観光の創業者・藤田家の所有となって現在に至っています。

 冠木門から庭園内に入ると(見学自由)、茶室の裏手にまず細長い池(雲錦池)があります。ただ、散策路からでは池全体の姿を眺めることはできません。椿山荘の庭園に湧く水はすべてここに集まり、神田川に落とされています。

012_2

(雲錦池)

 さらに登っていくと湿地の中に「古香井」(ここうせい)という井戸があり、良質のミネラルウォーターが湧いています。ここは武蔵野台地の末端にあたり、秩父山系に降った雨が長い年月を経て湧き出したものだといいます。

014

(古香井)

 さらに上流に少し大きな池(幽翠池)があり、池の上手には人工の滝も造られています。この滝は裏側に通路があり、滝の裏から庭園を眺めることができます。

020

021

 下の写真は庭園の高台にある丸型大水鉢です。もとは京都府東山区粟田口から蹴上を経て山科へ通じる日ノ岡峠にあったもので、木食上人養阿正禅が旅人のために作ったものと伝えられています。

 峠をゆく旅人たちがここで喉を潤したのでしょう。牛車の轍の痕が残る敷石とともに保存されています。すぐ隣には広島県のお寺から移築した室町期の三重塔もあり、各所に七福神を配した散策路をめぐりながら、様々な風景と四季折々の植物が楽しめます。

025

|

« 江戸川公園の池 | トップページ | 関口芭蕉庵の瓢箪池 »

文京区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30679124

この記事へのトラックバック一覧です: 椿山荘庭園の池:

« 江戸川公園の池 | トップページ | 関口芭蕉庵の瓢箪池 »