« 天沼弁天池公園の池 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園の池 »

小石川植物園の池

P1010603

P1010604

所在地:文京区白山3丁目

 小石川植物園は正式には東京大学理学部付属植物園といいます。古くは館林藩主だった徳川綱吉の下屋敷だった土地で、綱吉が5代将軍となると、小石川御薬園が開かれ、8代将軍吉宗の時代には目安箱に投じられた町医者・小川笙船の意見を容れて貧困者のための施療施設・小石川養生所がつくられました。園内には現在も薬草園や小石川養生所時代の井戸が残されています。
 正門前のタバコ屋で入場券(大人330円)を買って、園内に入り、すぐ左へ折れる道を行くと、台地の斜面の下に小さな池がいくつか連なり、やがて日本庭園に至ります。台地の斜面からは今も水が湧き、池に流れ込んでいるのを見ることができます。
 突き当りにある木造の洋館は明治9年に建てられた旧東京医学校本館で、本郷から移築され重要文化財に指定されています。

P1010605

(湧水)

|

« 天沼弁天池公園の池 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園の池 »

文京区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30646253

この記事へのトラックバック一覧です: 小石川植物園の池:

« 天沼弁天池公園の池 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園の池 »