« 塚山公園の池 | トップページ | 明治神宮の南池 »

明治神宮の北池

P1010576

P1010570

所在地:渋谷区代々木神園町

明治神宮は言うまでもなく明治天皇と昭憲皇太后を祀る神社で、造営されたのは大正時代ですから比較的新しいと言えます。それまでこの広大な敷地は皇室の御料地で、江戸時代には加藤家・井伊家の屋敷がありました。
 現在、明治神宮は都心とは思えないほど鬱蒼とした豊かな常緑樹の森(林ではなく森です)に覆われ、それはまるで原始の佇まいすら感じさせますが、実際は神宮建設にあたって全国から奉納された10万本の苗木が育った人工の森です。

 そんな境内にはいくつかの池がありますが、そのうちの北池は宝物殿前のなだらかにうねる芝生の広場に沿ってあります。背後は森になっています。池の北西の林の中に湧き出した水が小川となって池に注いでいますが、この川のほとりは僕が小学校1年生の遠足でお弁当を食べた場所なので、懐かしいところです。

|

« 塚山公園の池 | トップページ | 明治神宮の南池 »

渋谷区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30593624

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮の北池:

« 塚山公園の池 | トップページ | 明治神宮の南池 »