« 花畑記念庭園の池 | トップページ | 舎人公園の池 »

根津神社の池

062

060

所在地:文京区根津1丁目

 根津神社の敷地は元は徳川綱重(5代将軍・綱吉の兄)の屋敷でした。6代将軍・家宣はここで生まれています。そして、屋敷の北方にあった根津神社が産土神(幼児の守護神)とされました。綱吉に世継ぎがおらず、家宣が将軍になると、屋敷に根津神社が移され、壮麗な社殿が建てられました。1706年のことです。当時の社殿は現存し、重要文化財に指定されています。
 その神社の西側が台地の斜面になっていて、ツツジの名所になっています。その斜面上には庚申塔、家宣の胞衣塚(えなづか=後産の胎盤などを埋めた場所)があり、また朱塗りの鳥居が立ち並ぶ稲荷神社があります。社殿は舞台造りになっていて、その下に細長い池があります。稲荷神社の北側の斜面上に水源(揚水と思われます)があり、そこから流れ落ちた水は細長い池から南へ流れ、境内東南側のより大きな池に通じています。

|

« 花畑記念庭園の池 | トップページ | 舎人公園の池 »

文京区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30721534

この記事へのトラックバック一覧です: 根津神社の池:

« 花畑記念庭園の池 | トップページ | 舎人公園の池 »