« 靖国神社の神池 | トップページ | 柴又帝釈天の池 »

皇居東御苑・二の丸庭園の池

P9230730

P9280765

所在地:千代田区千代田

 江戸城の旧本丸・二の丸・三の丸の跡が東御苑で、一般開放されています(入園無料、月・金は休園)。日本人には意外に知られていないのか、むしろ外国人観光客が目立ちます。

001

(大手門)

 大手門から入り、受付で入苑票を受け取って、番所の建物などを見ながら奥へ進むと、白鳥濠があります。

004_2

(本丸庭園から見た白鳥濠と汐見坂。左手は二の丸庭園)

 白鳥濠の脇の汐見坂を登ると、本丸庭園で、広々とした芝生が広がる中に天守閣跡などが残っています。ここには「緑の泉」という噴水池があります。

003

(緑の泉)

 一方、本丸跡から白鳥濠をはさんだ東側が旧二の丸で、ここにも素晴らしい庭園があります。もとは小堀遠州が造った庭園ですが、何度も火災で焼失し、明治以降は荒れ果てていたそうです。それを昭和43年の東御苑公開にあわせて9代将軍・徳川家重の時代の絵図面を参考にして復元したのが現在の「二の丸庭園」です。

005

 昭和天皇のお考えに基づき武蔵野の原風景を再現した雑木林(上写真)はまるでどこかの高原に迷い込んだような雰囲気で、その樹林を抜けると、きれいに刈り込まれたツツジやサツキの曲線美が印象的な回遊式池泉庭園に出ます。

013

 池には水源が3つあり、南側の2つの水源からの水は小川を流れ、ひとつに合流してハナショウブが植えられた菖蒲田を潤して、池に注ぎます。

006

(水源の井筒)

018

(ここからも水が湧いている)

007

(2つの流れが一緒になって菖蒲田を潤す)) 

 もうひとつは北側の高みにあり、滝となって池に落ちています(下写真)。池には洲浜が作られ、雪見燈籠も置かれています。

015

012

 池にはアサザやヒツジグサ、コウホネなどの水生植物が植えられ、池畔にもさまざまな花が咲き、季節ごとに楽しめます。

009

(アサザ)

 また、池には鯉や亀のほか小さな魚がたくさん泳いでいますが、この中で特筆すべきなのは鯉です。この池の鯉はヒレナガニシキゴイという珍しい種類なのです。インドネシアのヒレナガゴイと日本の錦鯉を交配させたもので、尾びれや胸びれが普通の鯉よりも長いのが特徴です。

010

(ヒレナガニシキゴイと小魚の群れ)

001

(雪の二の丸庭園)

|

« 靖国神社の神池 | トップページ | 柴又帝釈天の池 »

千代田区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30703878

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居東御苑・二の丸庭園の池:

« 靖国神社の神池 | トップページ | 柴又帝釈天の池 »