« 大泉井頭公園 | トップページ | 有栖川宮記念公園 »

神明の森みつ池

001_2

002 

P7220607

所在地:世田谷区成城4-20・21

 高級住宅街として知られる世田谷区成城の西から南にかけて国分寺崖線が通っており、多数の湧水があります。なかでも貴重な自然が最もよく残っているのが「神明の森みつ池」で、世田谷区の特別保護区および東京都の緑地保全地区に指定され、フェンスで囲まれ、厳重に保護・管理されています。従って、ふだんは立ち入ることもできず、フェンス越しに覗けるだけです。
 「みつ池」は湧水をそのまま付近の水田に流すと水が冷たすぎるので、水温を上げるために三つの池を作って水を滞留させたことからの命名だそうです。池そのものは小さなものですが、森の奥の湧水にはサワガニが生息し、ゲンジボタルも自生しています。また、希少な植物も多いそうです。これらの池とホタルの写真は自然観察会に参加して、森の中を散策した時に撮ったものです。

P7211138

P7211141

P7220602

P7220604

P7220598 

|

« 大泉井頭公園 | トップページ | 有栖川宮記念公園 »

世田谷区の池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244839/30674238

この記事へのトラックバック一覧です: 神明の森みつ池:

« 大泉井頭公園 | トップページ | 有栖川宮記念公園 »